@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

クエイル・ロッジで開催されたモータースポーツ・ギャザリングで、日本のカロッツェリア、KEN OKUYAMA CARS(ケン・オクヤマ・カーズ)から、ワンオフコンセプトカーの「コード0(ゼロ)」がワールドプレミアされた。


日本を代表する工業デザイナー、奥山清行氏が代表を務める同社からは、昨年は「コード57(フィフティセブン)」が発表されている。

エアロダイナミクス 究極の域に

今回発表されたコード0は、ランチア・ストラトスゼロや、ランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ・モデューロなど、1969年から1970年にかけてイタリアで生み出されたドリームカーを、現代の最新技術で復活させることをコンセプトとしたもの。ストレートラインを基調に、「モダン」、「シンプル」、「タイムレス」というテーマを具現化した、彫刻的な美しさを感じるデザインが生み出された。


そしてもちろん、現代に復活を遂げたこのドリームカーは、エアロダイナミクスという機能を究極の域に導いたモデルでもある。

アヴェンタドールがベース

コード0のベースは、ランボルギーニ・アヴェンタドールだが、リアサブフレームやサスペンション、冷却システムなどなどは、独自に設計されている。


ミドに搭載されるエンジンは、V型12気筒自然吸気の700ps仕様とのみ発表されており、センターモノコックはもちろんのこと、CFRP素材を積極的に導入することで、車重は1550kgに抑えられている。

モントレーの定番イベントに

コード57、そしてコード0と2年連続での発表となった、KEN OKUYAMA CARSのワンオフコンセプトカー。それはすでにモントレー・カーウィークから発信されるトピックスとしては欠かせない存在となった。来年ははたしてどのようなモデルで、我々の目を楽しませてくれるだろうか。奥山氏の胸にはすでに、新しいアイデアが生まれているはずだ。

text:Motohiro Yamazaki(山崎元裕)