ウェストハム、W・カルヴァーリョ獲得を断念…移籍金の額がネックに

写真拡大

 ウェストハムが、ポルトガル代表MFウィリアム・カルヴァーリョ(スポルティング/ポルトガル)の獲得を断念したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が25日付で伝えている。

 かねてからW・カルヴァーリョへの関心が伝えられていたウェストハム。9日付のイギリス紙『デイリーメール』ではウェストハムが同選手の獲得に2500万ポンド(約35億円)を用意していると報じられていたが、スポルティングの要求額は4000万ポンド(約56億円)で、両者の間で額に開きがあった。

 そして、同メディアによればスポルティング側が4000万ポンドより移籍金の額を下げることを拒否したことで、移籍話は破談になったという。ウェストハム側としても、「高すぎる」として撤退はやむを得なかった模様だ。また、W・カルヴァーリョが3週間にわたってトレーニングを行っておらず、獲得してもプレーする準備が整うまでに4週間から6週間近くかかることが懸念されたこともあり、獲得から手を引いたと見られる。

 ウェストハムは現在プレミアリーグで開幕2連敗中。26日の第3節ではニューカッスルと対戦する。