エボラブルアジアとナビタイムジャパンは提携し、NAVITIMEトラベルなどで国内航空券の販売を開始した。

従来、ナビタイムジャパンは外部サイトへ遷移させる形で、国内航空券の販売を行っていたものの、エボラブルアジアとのAPIとオペレーション連携を行うことで、外部サイトへ遷移することなく、NAVITIMEトラベルなどの各サービスで、航空券の検索、予約、販売を行うことが可能となる。

エボラブルアジアでは、国内の全航空会社グループと直接契約を締結しているほか、ベトナムに開発拠点を持っており、ユーザー満足度を損なうことなく、航空券の販売を行うことが可能となるという。両サービスの親和性が高いことから、取扱高の向上も見込んでいるという。