私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第1回
「喧嘩」と報道された中田英寿との衝突〜福西崇史(2)

(1)から読む>


福西崇史(ふくにし・たかし)。1976年9月1日生まれ、愛媛県出身。ジュビロ磐田「黄金期」の主力メンバー。日本代表でも活躍。国際Aマッチ出場64試合、7得点。サッカー解説者。

 2005年3月、ドイツW杯出場を目指してアジア最終予選を戦っていた日本代表は混乱していた。

 初戦の北朝鮮に辛勝したあと、第2戦のイラン戦の前には、紅白戦の最中に中田英寿と福西崇史が”衝突”した。原因は「ボールの奪いどころ」だった。しかし、両者の話し合いは決着をみず、紅白戦ではスタメンのAチームが惨敗した。

 中田と福西の言い合いから始まった”カオス”は、システムを3バックから4バックに変更したことに端を発し、チーム全体の問題へと広がった。

 遡(さかのぼ)れば、2004年のアジアカップでは国内組中心のチーム編成で、3バックをベースにしたシステムで戦って優勝した。ジーコ監督は常に海外組を重視していたが、国内組の選手も”やれる”ということをそこで示した。そうした経験と結果(実績)により、選手たちも自信を持ち、3バックでは安定した戦いができるようになっていた。

 しかし、アウェーのイラン戦を前にして、ジーコ監督は4バックへのシステム変更を指示した。

 その理由のひとつが、スカウティングからの情報でイランが変則的な3トップだったからだ。3バックだと相手FWと1対1の関係になってしまうが、4バックであれば、中澤佑二が相手センターFWのダエイ、左右のFWには右サイドバックの加地亮と左サイドバックの三浦淳宏がついて、相手トップ下のカリミをボランチの福西がケアすれば、最終ラインには宮本恒靖が余る。つまり、相手攻撃陣に対して常にひとり余る形を志向するジーコ監督の考えに、4バックが適していたわけだ。

 また、イラン戦に向けては、3バックの一角で重要な存在だった田中誠、さらに左ウイングバックの三都主アレサンドロが累積警告による出場停止だった。4バックを選択したのは、それらの状況を受けてのことでもある。

 だが、突然の4バック採用には選手たちが戸惑った。3バックで結果を残し、その戦いに自信もつけてきただけに、なおさらだ。しかも、練習時間があまりにも少なすぎた。

“カオス”は起こるべくして起きたのだ。

 福西が回想する。

「(中田と自分が衝突した日の)紅白戦の夜、食事の際のレギュラーチームはすごく暗かった。全体の雰囲気もよくなかったね。テーブルではずっとサッカーの話をしていた。Bチームの選手に聞くと、『こうしたほうがいいよ』『こうされたら嫌ですね』とか、いろいろな意見を言ってくれた。ただ、それを聞いても結局、『そうだよなぁ、でも……』という話になってしまう。

 アウェーだし、0-0で勝ち点1を取れればいいじゃんって割り切れれば守備重視でもいい。でもその一方で、俺らはボールを持てるし、『日本のサッカーをしたい』っていう声もあった。結果として、そこでも話はそのまままとまらず、試合前日のミニゲームのときまでずっとその話をしていた」

 チームが混乱した状況にあることを察した場合、通常は指揮官が何らかのアクションを起こすはずである。だが、このときのジーコ監督は、ボール奪取の論争を鎮火させ、選手たちをひとつの方向に導くような指示を出すことは一切なかった。

 無論、ジーコ監督が「選手の自主性の尊重」をポリシーとしていたからでもある。ただそれは、傍から見れば”放置”といった状況にも見えなくはなかった。

「選手が方向性を見つけられず、迷っているなかで、誰がチームを導くのかというと、監督じゃないですか。監督が『こうだ』と示してくれれば、(選手たちも)『じゃあ、こうしよう』と落としどころを考えていけるようになる。

 でも、ジーコは何も言わなかった。それが、まとまらなかったひとつの要因ではあると思いますが、俺たちも自分たちで『こうしよう』と決めることができなかった。その結果、みんなが悩みを抱えたまま、イラン戦を迎えることになってしまった」

 迎えたイラン戦、選手たちの緊張感と不安は察するに余りある。

 急場しのぎの4バックに変更され、守備のやり方も定まらない。イランの攻撃陣は相当な迫力があるにもかかわらず、どう対処すべきか、チームとして整理できないまま試合に臨んだのである。

「全体的な意思統一は図れていませんでしたけど、(選手個々が)それぞれの考えは理解していた。それは、大きかったと思う。

 例えば、『喧嘩』って言われたシーンで、俺はヒデにしっかり自分の考えを伝えていた。だから、ボールがサイドに入ったとき、俺がいかなくても、ヒデが『なんで、あいつは出てこないんだよ』って怒ることはなかった。(自分も)ヒデが前に出てきてほしいんだろうなって思ったときは、後ろの人数を見て(足りていれば)前に出ていった。それは、相手の考えを聞いているからできることだし、試合の中で合わせていけばいいと思っていた」

 イラン戦は前半25分に先制点を奪われ、1点を追う形で後半に入った。

 このままズルズルと終わってしまうと、次の試合にも影響する。選手たちは大きな声で自らを鼓舞し、気持ちを入れ替えてプレーした。

 そして後半21分、左サイドでスローインを受けた中田が中央へ浮き球のクロスボールを送った。そのボールが競り合いからこぼれたところを、ファーサイドからスーッと中に入ってきた福西がダイレクトで打ち抜き、見事な同点ゴールを決めた。

 その瞬間、福西に一番で飛びついてきた選手がいた。


ゴールを決めた福西崇史に飛びつく中田英寿。photo by YUTAKA/AFLO SPORT

「ヒデでしょ。あの瞬間、ヒデは本当に喜んでいた。

 でも、あのゴールはもうイチかバチかですよ。クロスボールが上がったとき、(中にいた)ヤナギ(柳沢敦)には相手DFがしっかりついていた。FWの選手って、負けると思うと競らない人がいるけど、そのときは競ったら絶対にこぼれてくると思った。もちろん競らなければ、クリアされてカウンターを食らう。だから、ヤナギに『競れ!!』って叫んだ。そうしたら、やっぱり(ボールが)こぼれてきた。

 ああいうときは、やっぱり言わないとダメ。それに点は、ある程度リスクを負わないと取れないからね。まあ、いろいろな経緯があってのゴールだったので、個人的にもうれしかった」

 だが、試合は後半30分、イランに決勝ゴールを奪われて1-2で敗れた。

 慣れない4バックで不自由な戦いを強いられた選手たちは、疲労感と危機感でいっぱいだった。5日後には、次のバーレーン戦が控えていたからだ。しかも、平壌からはバーレーンが北朝鮮をカウンター2発で破った情報が入ってきていた。

 バーレーン戦はホームでもあるし、絶対に負けられない試合だ。そのためにも、侮れない相手ゆえ、自分たちのやり方で戦いたい――そうした意識が選手の中では強くなっていった。そして、3バックを推す声がチーム内で大きくなっていった。

 帰国する飛行機の中で意見をすり合わせ、キャプテンの宮本がチーム全体の意見を集約した。帰国後、中田がその旨をジーコ監督に伝えて、バーレーン戦は3バックで戦うことになった。

「あれだけ話し合ってダメだったから、バーレーン戦は3バックにしたけど、(イラン戦が)あのまま引き分けるか、勝っていたら、ジーコはたぶん相手によって、3バックと4バックを使い分けていたと思う。

 俺も、個人的には3バックより4バックのほうがいいと思っていた。当時のジュビロ磐田のサッカーが自分の中では理想だったので、その影響もあったと思うけど、日本の中盤にはいい選手がたくさんいたからね。3バックだと中盤(の選手)が一枚減るんで、それなら中盤を増やした4バックのほうが最終的にはいいサッカーができると思っていた」

(つづく)

■サッカー代表記事一覧>>