一人暮らしをはじめて早10年。実家を出て新しい生活がスタートしてから、最高の日々が始まることに。何をやっても自由だし、誰の目も気にならない。自分だけの時間と空間を持てることで、世界が広がったように思えた。

イラストレーターのYaoyao Ma Van Asは、結婚前に経験した自由気ままな暮らしっぷりを描いている。実家暮らしの人が見たら、もしかしたら一人で暮らすキッカケになるかも?

自分だけの城

散らかってても、部屋着のままでも平気!ここでは、ぜ〜んぶ私の自由!

溜まった洗い物は…。

洗い物はガッツリためて、一気に洗うの。すべて洗った時は、やりきった感に満たされる。

一人の時間

忙しい毎日の中で、ゆったりとした一人の時間を作るのは大切なこと。

テレビを見ながらダラダラ

疲れた時や料理がめんどくさい時は思いっきり手を抜く。ダラダラ過ごす時間も私にとっては大事だから。

どんな格好も許される

今日は最高の気分〜♪なんて、下着姿でダンスしても誰も見てないもんね。

夜が怖い日も

ちょっとした物音で不安になることも。でも、こういう経験が私を少しずつ強くする。

朝から晩まで

誰にも邪魔されずに、仕事や趣味に没頭できる。

好きで溢れた空間

大好きなものしかない空間で、本を読みふけることができる幸せ。

辛い日は思いっきり

悲しいことがあった日は、誰のことも気にせずに醜く泣き叫んでやるんだから!

静かなひととき

雨の音に耳をすませながら、ゆったりと過ごすのもいい。

趣味にどっぷり

ヘタクソでも誰も何も言わない。こっそり練習して上手くなってやる。

起きる時間は自由

昼まで寝ても大丈夫。私だけの時間なんだから。

Licensed material used with permission by Yaoyao Ma Van As