【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が26日朝、東海に向け発射した飛翔体について、韓国青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は「改良型の300ミリ大口径多連装ロケット砲と推定される」とした上で、軍当局が分析を続けていると伝えた。

 一方、米太平洋軍司令部は北朝鮮が短距離弾道ミサイル3発を発射し、いずれも失敗したとみられるとの見方を示している。

 北朝鮮が今回発射したのがロケット砲だった場合、性能改良のための発射実験だった可能性もある。口径300ミリのロケット砲の射程は200キロとみられ、今回発射された3発のうち一部は約250キロ飛行したとされるためだ。

 ロケット砲の射程が250キロに延びれば、北朝鮮が南北軍事境界線付近から発射した場合、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」が配備された韓国南部・星州の在韓米軍基地まで射程に収めることになる。このため有事の際にTHAADを無力化する狙いから北朝鮮がロケット砲の改良に力を入れているとの見方も出ている。