シメオネ監督がCLを展望 チェルシー、ローマと同居に「全チームにとって難しい」

写真拡大

グループCに入ったアトレチコはチェルシー、ローマ、カラバフと対戦

 アトレチコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ組み合わせ決定を受けた記者会見で展望を語っている。

 イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が報じている。

 アトレチコは、昨季のプレミアリーグ王者チェルシーと、イタリアの強豪ローマと同じグループCに入った。アゼルバイジャンのカラバフFKという伏兵も控えるが、シメオネ監督は三つ巴の争いを予言している。

「とても興味深く、競争力のあるグループになった。我々とチェルシー、ローマは全く同じだけのチャンスがある状態でスタートするし、全チームにとって難しいと言える」

  シメオネ監督は記事でこのように語り、近年のCLでの実績(13-14シーズンから準優勝、ベスト8、準優勝、ベスト4)で頭一つ抜けていると言えるアトレチコにとっても、簡単ではないと強調した。そして、チェルシーとローマについての分析も次のように行っている。

シメオネvsコンテ、ディ・フランチェスコ

「チェルシーは昨季に偉大なシーズンを過ごした。素晴らしい選手たちが揃い、自分たちを改革していける監督に率いられてチームは競争力を高めてきている。そしてローマはスペクタクルなチームだ。とても良いサッカーをするし、監督も素晴らしい」

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督とローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の両イタリア人指揮官を称賛している。コンテ監督はイタリア王者ユベントスやイタリア代表で実績を残し、チェルシーで2シーズン目を迎える。一方、ディ・フランチェスコ監督は、現役時代に元日本代表MF中田英寿とローマでチームメイト。昨季までサッスオーロを率いて、UEFAヨーロッパリーグ出場に導くなどイタリア国内でも評価を急上昇させている存在だ。

 三つ巴が予想されるグループの行方は果たして――。シメオネ監督と二人のイタリア人指揮官による戦術的な駆け引きもまた、勝敗の分かれ目になっていきそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images