53分にへディングで得点を奪ったヘイス。2試合連続ゴールと結果を残した。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

[J1リーグ24節]札幌 1-0 仙台/8月26日/札幌厚別
 
 札幌がホームで仙台相手に勝利を収め、5試合ぶりに勝点3を獲得した。
 
 札幌は6年半ぶりにクラブ復帰を果たした石川直樹がスタメン出場。一方の仙台は、野津田岳人が移籍後初めて先発に名を連ねた。
 
 5分、仙台はCKのこぼれ球を拾った石原直樹が中に折り返し、平岡康裕が右足で狙うもゴールはならない。
 
 19分、札幌は早坂良太のシュートが仙台DFに当たり枠を捉えるが、蜂須賀孝治にクリアされゴールを逃す。さらに23分には、チャナティップのクロスに都倉賢が頭で合わせるも、ポストを直撃する。
 
 その後も札幌ペースで試合は進む。前線のチャナティップ、都倉、そしてヘイスを中心に攻撃を仕掛けるが、先制点を奪うには至らない。
 
 40分、仙台はドリブルで持ち運んだ蜂須賀のクロスが1度はクリアされる。こぼれ球を富田晋伍がミドルで狙うも札幌DFに阻まれる。
 
 42分、札幌は福森晃斗のCKから都倉が打点の高いヘディングで狙うが、仙台DFのブロックに遭う。前半は0-0のまま終了した。
 
 後半に入り53分、札幌は兵藤慎剛の左からのクロスにヘイスが頭で合わせて先制点を奪う。ブラジル人助っ人の2試合連続ゴールが決まり、1点をリードする。
 
 ビハインドを負った仙台は62分、三田啓貴に代えて奥埜博亮を投入する。
 
 65分、仙台は後方からフィードを送ると札幌のGKク・ソンユンが目測を誤る。ボールを拾った石原が狙うが、枠を捉えきれない。
 
 68分、札幌は兵藤を下げて荒野拓馬をピッチに送り込む。
 
 75分、仙台は野津田に代えてクリスランを投入する。移籍後初スタメンを飾った野津田だが、インパクトを残すことはできなかった。
 
 追いつきたい仙台は3枚目の交代カードを切る。79分、蜂須賀を下げて古林将太をピッチに送り込む。

 79分、札幌は菊地直哉に代えて進藤亮佑を投入し1点を守りにいく。
 
 終盤に入り仙台が相手陣内に押し込む時間が続くが、札幌の守備陣が集中力を切らさずゴールを割らせない。
 
 試合はこのまま終了し、札幌が1-0で勝利。ヘイスの先制点を全員守備で守り切り、5試合ぶりに勝点3を獲得。甲府を抜いて暫定14位に順位を上げた。一方の仙台は、1点が遠く連勝が2でストップした。