代表選手を多く抱えるパレルモ【写真:Getty Images】

写真拡大

 イタリア・セリエBのパレルモが、国際サッカー連盟(FIFA)やイタリアサッカー連盟(FIGC)に4試合の日程変更を求めている。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

 パレルモが日程変更を要求する理由は代表戦だ。同クラブはイタリア2部で戦っているが、多くの選手が代表に呼ばれる可能性がある。

 FIFAは各国代表戦が行われる時期に各国トップリーグの試合が開催されないよう定めている。代表選手が少ないはずの2部以下のカテゴリーについては、この時期も通常どおりだ。

 だが、パレルモは代表ウィークに多くの選手を失うことが濃厚で、「11人中8人のレギュラーが代表戦でいなくなる。我々はFIFAが介入してFIGCに働きかけてくれると信じている」と述べた。

 1部以上に過密日程となる2部リーグ。1年でのセリエA復帰を狙うパレルモにとって、全ての代表ウィークが鬼門になることは避けたいところだ。

text by 編集部