米太平洋軍は26日、北朝鮮が同日午前に発射した3発の弾道ミサイルすべてが「失敗だった」とした初期評価を修正し、1発目と3発目は「失敗せずに約250キロ北東方向に飛行した」とした。

北朝鮮は26日午前6時49分ごろから午前7時19分までの間に、江原道(カンウォンド)の旗対嶺(キッテリョン)付近から北東方向の日本海に向け、短距離弾道ミサイルと見られる飛翔体を連続して3発発射した。