パナソニックから9月初旬発売の『脱臭ハンガー』

写真拡大

 パナソニックから9月初旬に発売される『脱臭ハンガー』は、発売前から、国内はもちろん海外からも問い合わせが殺到している注目の家事家電だ。汗のニオイがしみついた上着や、焼き肉のニオイも強力脱臭。花粉の抑制までしてくれる、そのハンガーの威力とは!?

 服のニオイを気にする人は多いと思う。最近は、香り付きの柔軟剤が増え、日常的に洗濯できる衣類やタオル、シーツなどはニオイケアが簡単にできるようになった。でも、ジャケットやコートなど、手軽に洗濯機で洗えない衣類のケアは、消臭スプレーを使うかクリーニングに出すしかない。

 しかもそれらの方法も、消臭スプレーはニオイ戻りが心配だし、石油系溶剤を使ったドライクリーニングは、石油のニオイが残るうえ、汗などの水溶性のニオイは落ちにくい。水洗いしてくれるクリーニング店もあるが、高価な服ほど生地はデリケートだから、風合いが変わりそうで不安だし、そもそもクリーニング代がもったいない。主婦にとっては実にやっかいな問題だ。

 そんな悩みを解消してくれる家事家電が誕生した。その名も『脱臭ハンガー』。

 空気清浄機やエアコンに搭載されている「ナノイーX」が、8か所から吹き出し、衣類のニオイと花粉を抑制するという優れものだ。「ナノイーX」とは、不快なニオイを抑える効果があるOHラジカルという、高反応成分を含む水でできた微粒子のこと。この「ナノイーX」が繊維の奥まで浸透し、ニオイの原因物質を分解。汗やたばこ、焼き肉のニオイなどをしっかりと脱臭してくれるのだ。花粉の抑制効果もあるうえ、水からできている成分だから、薬剤などと違い、安全性も高い。

 使用方法は簡単だ。家に帰ったら上着やコートをハンガーにかけて、スイッチを入れるだけ。通常モードの場合は5時間、ロングモードを選ぶと7時間かけて脱臭してくれる。電気代は1回1円以下。携帯電話やスマホの充電に使うモバイルバッテリー(小型充電器)を使えば、コンセントのないクローゼットの中でも使える。

 また、すごいのは、脱臭機能だけではない。ハンガーの形状も考え抜かれている。パナソニックでは開発にあたり、高級なハンガーを買い集め、服がしわになりにくい形状を研究したのだという。その結果として、このような重厚感のあるフォルムとなったのだ。

 市場想定価格は2万円前後。スーツやコートのクリーニング代は安くても1000円前後、素材や洗い方によっては数千円かかることを考えると、コストパフォーマンスは高い。日替わりで家族の上着やコートを脱臭すれば、むしろ節約になるかもしれない。

“衣類ケアは脱臭ハンガーでする”、新たな時代の幕開けだ。

※女性セブン2017年9月7日号