『シノアリス』には多種多様の武器が登場します。武器にはステータス以外にも必ずチェックするべきポイントがあるんです。

それは「ウェポンストーリー」。『シノアリス』のすべての武器には、固有のストーリーがあるんですよ。

ヨコオタロウ作品ではお馴染みですよね?『シノアリス』には、『ドラッグオンドラグーン』や『ニーア』と同じ武器も登場するくらいです。

この記事では、そんなウェポンストーリーの魅力をお伝えしていきます。今後も定期的に公開していく予定ですよ!

今回お届けするのは「聖騎士の小銃」。何事にもメリットとデメリットがある・・・みたいなお話です。

「聖騎士の小銃」のウェポンストーリー

その騎士団は清廉潔白を体現するような存在であった。
彼らは臣民から受けた多額の寄付を、自分達のためには使わず王家や巡礼者に対する貸し付けによって私財を成した。

やがて、国土の大半が彼らの所有物なった
彼らの行いは、確かに正しいものであった。
ただ、それが鼻につく者達もいる。
そのような考えに至らなかった事が、彼らの過ちであった。

やがて、彼らの持つ私財は性根が腐った貴族に目をつけられる事になった。そして、その騎士団は無実の罪に捉えられた。
私財を剥奪され、死罪となる事となった騎士団。
その公開処刑の日。正しき道を全うしながら銃殺された騎士団長は怨嗟の言葉を撒き散らし、絶命した。

それから暫くし、騎士団を貶めた者達の境遇を知る者達は口々に「騎士団の呪いだ」と恐れおののいた。
彼らは皆等しく、自らの頭蓋と打ち抜き、倒れることとなったのだ。


筆者の感想と考察:何が正解かわからなくなってしまうわね!!!

どんなに正しいことでも、それを見ていると、ネガティブな感情を感じることはありますよね。

おそらく、それを妬むか、それを持ち合わせない自分が嫌になるかそんな感じですよね。

正しいことよりも、上手く渡っていくことが重要、みたいなことを感じました。

「彼らが等しく、自らの頭蓋を撃ち抜き」とかはもうわかんないです(笑)。

“騎士団の呪い”かなんかじゃないですかね!!!

ウェポンストーリー考察シリーズ

終焉を刻む槌再会の汽笛暴食の鎌全知の書こびとの槍焼却の銃<食>魔神の凶棒恨みの呪銃

シノアリスの攻略まとめはこちら!

シノアリスの最新ニュース、キャラとジョブの評価、攻略情報などをまとめてチェックできるページです。ブックマークしておくと便利ですよ。
→ シノアリスの攻略・最新情報まとめ