米国に好感を持つ人の割合が世界的に急落 中国とほぼ同水準に

ざっくり言うと

  • 米調査機関が、米国に好感を持つ人の割合が世界的に低下していると発表した
  • 世論調査結果によると、米国への好感は中国とほぼ同水準になったという
  • 「米国の名声の主要な比較対象がロシアだった日々は過ぎ去った」と担当者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング