「民藝の日本 -柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-」日本橋高島屋で - 巨大な民藝地図や全国の器など

写真拡大

「民藝の日本 -柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-」を日本橋高島屋で開催。会期は、2017年8月30日(水)から9月11日(月)まで。

職人の手仕事によって作られ、生活の中で発展してきた「民芸」。器ひとつとっても、その色や形には、土地の人々が毎日の生活の中で築いてきたものたちの軌跡が宿っている。実用性の中にこそ”美しさ”を見出す日本は、素晴らしい「民芸の国」だ。

大正末期の思想家・柳宗悦のはじめた民芸運動をきっかけに、日本には数々の優れた民芸品が蒐集・保存されている。本展では、そんな柳のコレクションを中心に、「民芸」の黄金期であった江戸時代後期から昭和時代(1950年頃まで)に焦点をあてた約170点の優品を展示する。

展示では、染色家・芹沢げ陲虜酩福崙本民藝地図(現在之日本民藝)」を紹介。東日本・中日本・西日本の3つのエリアを合わせた巨大な地図には、各地の民芸品が細かく描かれていて、いつまでも見飽きない。また、知識が詰まったこの地図は作品を見る手がかりにもなるだろう。

さらに、北は長野から南は熊本まで、全国7か所の民藝館が所蔵する優品も集結する。今の時代に比べ、それぞれの土地がそれぞれの文化を築いていた時代。各地で育まれたきた独特の美意識や心意気を感じに、ぜひ足を運んでみては。

【詳細】
民藝の日本 -柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-
会期:2017年8月30日(水)〜9月11日(月)
会場:日本橋高島屋 8階ホール
住所:東京都中央区日本橋2-4-1 
入場時間:10:30〜19:00 (19:30閉場)
※但し、最終日は17:30まで(6時閉場)
入場料:一般 800円、大学・高校生 600円、中学生以下無料 ※全て税込み
 ■巡回展
・横浜高島屋8階ギャラリー 9月13日(水)〜9月24日(日)
・大阪高島屋7階グランドホール 9月27日(水)〜10月9日(月)
・京都高島屋7階グランドホール 12月14日(木)〜12月25日(月)
・ジェイアール名古屋タカシマヤ10階催会場 2018年2月23日(金)〜3月5日(月)

【問い合わせ先】
日本橋高島屋
TEL:03-3211-4111


[写真付きで読む]「民藝の日本 -柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-」日本橋高島屋で - 巨大な民藝地図や全国の器など

外部サイト

  • 「いけばな×百段階段2017」を目黒・ホテル雅叙園東京で - 文化財の煌びやかな空間で秋のいけばなを
  • 世田谷で「家電のある生活展」開催 - 家電60年の歴史を振り返り、未来の暮らしを考える
  • アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜二条城にて、花魁モチーフの絢爛なアートを地酒片手に城の庭で