計量前の検診で、血圧を測定する福原(左)と、順番を待つ山中

写真拡大

 WBO世界ミニマム級タイトルマッチ(27日、熊本・芦北町民総合センター)の前日計量が26日、熊本県芦北町内で行われた。王者の福原辰弥(28=本田フィットネス)がリミットを0・2キロ下回る47・4キロで、挑戦者の同級1位・山中竜也(22=真正)が47・5キロで、ともに1回でクリアした。

 初の世界戦となる山中は「これまでの試合と気持ちは同じ」と、日本人対決を前に平常心を強調した。