8月21日、中国・黒竜江省の嫩江(ネンジャン)県で竜巻が発生。住宅地に大きな被害を及ぼした。

その現場を撮影したビデオが、中国の民間動画ストリーミングサイト「Pear Video(梨視頻)」に投稿され、同じものがYouTubeでも公開されている。

不気味な竜巻雲

Pear Video/YouTube

ビデオの冒頭に映っているのは、空を横切って伸びていくヘビのような竜巻雲だ。

この先端がやがて住宅地に着地し、建物を吸い上げようとする。

Pear Video/YouTube

空を舞う壁や屋根

Pear Video/YouTube

竜巻に襲われた家屋の壁や屋根が破壊され、宙を舞っている様子がよくわかる。

地上にあるさまざまな物が、圧倒的な竜巻の力で撹拌されているようだ。

Pear Video/YouTube

Pear Video/YouTube

竜巻の周辺で小さな爆発が起こっているのも分かる。おそらく、切断された電線からの漏電が原因だろう。

海外メディアによると、この竜巻による死者はなかったようだ。

竜巻が来たらどうすればいいか

日本の首相官邸の公式サイトにある「防災の手引き」には、以下のように書かれている。

竜巻が発生したときには、建物などの被害は防げませんが、身の安全を守ることはできます。屋外にいる場合は頑丈な建物などに避難し、屋内にいても窓ガラスには近づかず、一階の丈夫な机の下などで身を小さくして頭を守ってください。

竜巻は短時間に猛スピードで様々なものを巻き上げながら、建物などに甚大な被害を与えます。すぐに身を守るための行動をとってください。