まだまだ続く猛暑。キンキンに冷えたビールを1杯やるのはまさに至福のひと時だ。しかしこのビール、健康面から見ると、かなり誤解されている点も多い。

 ビールを飲み過ぎると“太る”し、足の指がちぎれるほどの痛みに襲われる「痛風」の元凶と言われると、さすがに“ビール党”も黙ってしまう。中でも痛風に関しては、ビール自体が原因と思い込んでいる人が多く、そのために飲むことを避けようとする風潮さえある。
 しかし、医療関係者はこう言うのだ。
 「確かに、ビールにはプリン体という痛風を誘発する物質がありますが、それが痛風の発作を引き起こす“真犯人”のように決めつけてしまうことは誤解と言えます」

 ある大学の研究グループなどによれば、むしろビールは健康を促進する働きが多くあり、動脈硬化などを予防するといった研究結果がいくつも報告されているという。
 その一つに、ギリシャ・アテネのハロコピオ大学の研究チームが、20代後半から30代前半の非喫煙者17名を対象に行った実験結果がある。彼らに400ml(中ジョッキ1杯)のビールを飲んでもらい、2時間後に心臓や血管といった循環器系にどのような影響があるかを調べたのだ。
 「その結果、被験者たちのいずれも血流がよくなり、動脈の硬さもなくなっていることが分かった。また、ノンアルコールビールやウオッカでも実験したが、動脈の硬さに関してはどちらも一定の効果が見られたが、ビールほどの効果がないことも判明したというのです」(健康ライター)

 つまり、ビールは動脈硬化によって引き起こされる心筋梗塞や脳卒中などの予防にもつながるということだ。
 また、北海道大学大学院保健科学研究院でも、ビールの原料であるホップに含まれる「キサントフモール」に、動脈硬化を予防する効果があるという研究報告をしている。

 しかし、動脈硬化の予防や健康促進の働きがあることは理解できたとしても、肝心の痛風との関係はどうなのか。
 総合医療クリニックを運営する久富茂樹院長に聞いてみた。
 「ビールにはプリン体が多く、尿酸値を上げるため、痛風の天敵と言われています。他のお酒に比べてもプリン体が一番多く含まれていますが、実際の含有量を調べると、ビール1杯当たりのプリン体は、ご飯1膳分程度。ビール500ml程度までなら、痛風患者が飲んでも問題ありません。むしろステーキやエビ、納豆などの食品の方が遥かに多く、ビールはこれらに比べても数10分の1と、含有量は少ない。そんなに気にする必要はないのです」

 むしろビールには利尿効果があるし、適量でさえあれば尿酸値を下げる効果も期待できるという。