クリスタル・パレスにまたも悲劇…ザハに続いてロフタス・チークも負傷

写真拡大

 クリスタル・パレスに所属するU−21イングランド代表MFルベン・ロフタス・チークが負傷した。

 チェルシーからレンタル移籍しているロフタス・チークは、練習中に負傷。フランク・デ・ブール監督は「彼は練習中に股関節を負傷してしまった。スウォンジー戦には間に合わないだろう」と明かした。

 また、コートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハも離脱中であり「彼は回復の初期段階にいる。彼は屈強な選手だが、国際Aマッチデーを挟んで長い間待たなければいけない」とコメントしている。

 プレミアリーグ開幕節でザハが負傷し、開幕からスタメンで起用されてきたロフタス・チークもチームを離脱することになった。2連敗を喫してしまったデ・ブール監督は勝利が要求されている。