パチューカ、終盤にオーバーヘッド決められ連勝ストップ…本田は後半から出場

写真拡大

 リーガMX第7節が行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するパチューカがティファナと対戦。本田はベンチスタートとなった。

 13分、パチューカにアクシデントが起こる。ビクトル・グズマンがレッドカードを提示され退場してしまう。10人になったパチューカはティファナの猛攻を防ぐも、43分にグスタボ・ボウに先制点を許してしまった。

 1点リードされて迎えたパチューカは、後半から本田がパブロ・ペレスに変わってピッチに立つ。2戦連続の出場を果たした。すると64分、ホアキン・マルティネスが同点ゴールを決め試合は振り出しに戻る。

 本田は攻撃の起点になりチームに勢いを与えるも、決定機を作れず試合終盤を迎える。そして87分、ティファナがチャンスを掴む。ダミアン・ムストの見事なオーバーヘッドシュートが決まり、ティファナが再びリードを奪う。

 試合はこのまま終了。パチューカは公式戦の連勝がストップした。本田は、出場した試合で初黒星を喫している。

【スコア】
ティファナ 2−1 パチューカ

【得点者】
1−0 43分 グスタボ・ボウ(ティファナ)
1−1 64分 ホアキン・マルティネス(パチューカ)
2−1 87分 ダミアン・ムスト(ティファナ)