星野源、タモリや浦沢直樹らと下ネタ“空耳”を堪能 「専門家みたいに言わないでくださいよ」

写真拡大

 8月26日に放送されたタモリが司会を務める『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)のゲストに星野源、松たか子、浦沢直樹、マーティ・フリードマンが出演した。

 放送内容は、番組の定番コーナーとして外国アーティストの楽曲のフレーズに着目した「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる『空耳アワー』」。年に一度の夢の祭典として開催される『空耳アワード2017(前編)』では、ノミネート作品140本の中から大賞を選定していく。

 ダリル・ホールとジョン・オーツ「Art of Heartbreak」では、<ACHING FOR>を<遠近法>と空耳で放送。「ホール&オーツが大好き」と話す星野は、「まさか遠近法になるとは。ビデオもMVみたいでかっこいいな」とクラフトワークを彷彿とさせるMVの完成度を絶賛していた。さらに、アヴァランチーズ「Frankie Sinatra」の<AH FRANKIE SINATRA>を<あーパンツ下がっちゃう>とする空耳には、「『フランキー・シナトラ』って聞こえてたんですけど、今は『パンツ下がっちゃう』にしか聞こえない。映像の暴力がすごい」と感想を述べた。

 さらに、ザ・トイ・ドールズ「Dougy Giro」の<DOUGY DOUGY GIRO>を<童貞?童貞?じゃろ?>とする空耳について、浦沢が星野に「『童貞じゃろ』は1曲作りたいでしょ?」と投げかけると、「童貞専門家みたいに言わないでくださいよ」と星野が笑いながら返答。セクシーな身なりをした女性に男性が興奮する様子を見た街にいる他人が、自分の元に「童貞?」と寄り集まってくる映像に星野が、「『童貞に聞こえる!』ってなってから、すごく盛り上がったんだと思う」と話すと、浦沢が「日本中がああなると怖いですよね。フラッシュモブって言うんでしたっけ?」と語り、それに星野も「最悪のフラッシュモブですね!」と盛り上がりを見せた。

 アウトキャスト「I’m Cool(Interlude)」の<I’M COOL I’M COOL I’M COOL IT’S ME I’M COOL>を<アンコ ハァ アンコ ハァ アンコ ハァ おやすみ アンコ>とする空耳では、冷蔵庫にひたすら入れられたあんこに仕事から疲れて帰ってきた男性が話しかける映像が流れた。星野は、それに「僕もダイエットを役でしないといけない時に、あんこって糖分の吸収が遅いらしくて、僕も家の冷蔵庫にあんこしか入ってない時があるんですよ。『ハァ』ってなる。すごい気持ち分かる」と似た境遇であることを伝えた。

 次週9月1日の放送では、引き続き『空耳アワード2017(後編)』をオンエア予定だ。(向原康太)