タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

28日開幕、副主将はプレーしない立場も…米国主将「彼は戻りたくてうずうずしている」

 男子ゴルフの元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(米国)は持病の腰痛と睡眠障害の治療のため、戦線を離脱しているが、9月28日開幕のプレジデンツカップで副主将として“復帰”する可能性が浮上した。米メディアが報じている。

「タイガー・ウッズがプレジデンツカップでアシスタントキャプテンとして復帰することが期待される」と報じたのは、米専門サイト「ゴルフ.com」だ。

 記事では、一時期は危機的な状況にあるように思われながら、ウッズはプレジデンツカップに米国選抜の副主将として姿を現す予定としている。

 さらに、主将のスティーブ・ストリッカーが、米専門局「ゴルフ・チャンネル」のレックス・ホッガード氏に語ったコメントを紹介している。

「彼を迎えられるのは素晴らしいことだよ。みんな楽しみにしているし、彼もそうだと思う」

「2〜3か月前時点では困難」も…ストリッカー「これは彼のファーストステップになる」

 前回大会も副主将を務めていたウッズは、記事によるとストリッカーと健康上の問題を理由に役割をこなせるか判断するため、複数回話し合いを実施。「2〜3か月前時点では、ウッズがこの役割を担うことは困難に思われた」と記している。

 それでも、ストリッカーは「彼はこの大会に戻りたがっている」と話した上で「彼は戻りたくてうずうずしていると思う。これは彼のファーストステップになると思うんだ」 と語ったという。

 さらに、ウッズの近況として「軽めのリフティング、サイクリングマシンでの運動など」ができるようになったことを明かしたという。

 プレジデンツカップは世界選抜と米国選抜がトップ12選手を集め、2年に1度行われる対抗戦。副主将はプレーせず、チームをサポートする立場だが、ウッズが大会に姿を見せれば、大きな注目の一つになるだろう。