クラシカルなフィールドウオッチは相棒感満点です

写真拡大 (全5枚)

セイコーから数量限定モデルを含む8機種が、9月22日から発売! セイコーのヒストリカルモデルからインスパイアされたというフィールドウオッチは、クラシックながら新しさもあり、説得力のある新モデルとなっている。

それもそのハズ、監修を務めたの元ビームス・クリエイティブディレクターで、数々の異業種コラボを成功させてきたLOWERCASE・梶原由景氏なのだ。

▲「セイコー プロスペックス フィールドマスター LOWERCASEプロデュースモデル」SBDJ028

10月27日発売予定のレギュラーモデル「セイコー プロスペックス フィールドマスター LOWERCASEプロデュースモデル」はSBDJ028(4万5360円)、SBDJ029(4万5360円)、SBDJ027(3万9960円)の3タイプ。

▲「セイコー プロスペックス フィールドマスター LOWERCASEプロデュースモデル」SBDJ029

針の形状やアラビア数字のフォントで醸すクラシカルな雰囲気もさることながら、衝撃からムーブメントを保護する外胴プロテクター構造で、フィールドウォッチとしてのタフネスも備える。20気圧防水や、手首の動きを妨げない4時位置りゅうず、ソーラー充電機能など、使い勝手とスペックにもこだわっている。コンパクトかつ軽量で、タウンユースにももってこいだ。

▲セイコー プロスペックス フィールドマスター LOWERCASEプロデュース限定モデル<FREEMANS SPORTING CLUB エクスクルーシブ>  SBDJ023

加えてラインナップされるショップ別注モデルにも注目! 「セイコー プロスペックス フィールドマスター LOWERCASEプロデュース限定モデル」は、それぞれのショップならではの世界観を感じさせる仕様。数量限定のシリアルナンバーが裏ぶたに表記された希少性の高いモデルだ。中でも2タイプある限定モデル(4万5369円/9月22日発売)は、古き良きスポーツウオッチのディティールを現代的に表現した、唯一のダブルネームモデルなのだ。

▲「セイコー プロスペックス フィールドマスター LOWERCASE プロデュース限定モデル」 <BEAMS エクスクルーシブ> SBDJ031

ほかにも、ビンテージ感溢れる「BEAMS エクスクルーシブ」(4万3200円/10月7日発売)、高級スポーツウオッチの佇まい上質感でスーツにもフィットしそうな「UNITED ARROWS エクスクルーシブ」(4万8600円/10月7日発売)、ビンテージ調のルミブライト(蓄光塗料)を塗布した王道感のある「JOURNAL STANDARD エクスクルーシブ」(4万3200円/10月27日発売)もある。

>> セイコーウオッチ

 

(文/&GP編集部)