キッチンやお風呂、ペット、古い畳やカーテン……臭いを溜め込むモノって一体何なのでしょうか。

写真拡大

気になる我が家の臭いは? その原因と対策を知っておく

家の臭いはどこからやってくるのでしょう?

誰かの家を訪問した時にまず最初に感じるものと言えば、その家の臭いです。玄関を一歩入るとほのかに漂ってきて、芳香剤を置いても混じり合って、やはりその家ならではの独特の臭いがします。

やっかいなのは、自分の家の臭いは住んでいる人にはわからないところです。ここでは、臭いを溜め込むモノ達の正体、その原因と対策をご紹介します。

家の臭いの原因は1つだけではない

家の臭いの原因は1つだけではありません。様々な臭いが入り混じり家に染みついたものです。例えばキッチンだけでも調理の際の臭いはもちろん、生ごみ、排水口など臭いの元となるものがいくつか存在しています。

体臭がついた衣類や寝具も、家の臭いの原因のひとつです。私は今までたくさんの住まいへお邪魔してきましたが、家族の出入りがあった後に伺うと、家の臭いが微妙に変わっていることもありました。

家の臭い対策をするために、まずはその原因となっているものを知っておきましょう。

【臭いの原因となっているものの例】
・食品類
・調理の臭い
・生ごみ
・排水口
・浴室、洗面など水まわりの汚れ
・トイレの汚れ
・湿気によるカビ
・体臭がついた衣類や寝具
・足の臭いがついた靴
・ペット
・たばこ

などこれらが混じり合い、その家ならではの独特の臭いとなっています。

自分の家の臭いは普段は慣れてしまって分かりにくいのですが、旅行などで数日留守にすると、家に入る際に感じることができますので確認してみて下さい。では、それぞれの臭いの原因と対策についてご紹介します。

キッチンの臭い対策、換気扇にも要注意

キッチンには、ストック食品、生ごみ、排水口、調理中の鍋、コンロまわりの油汚れなど、家の臭いの原因となるものが数多くあります。

まず臭いのする食品はできるだけ冷蔵庫にしまいましょう。排水口、コンロはもちろん、壁面もこまめな掃除を行い、除菌用のアルコールで拭きとりをしておくとスッキリします。

キッチンの臭い対策では、換気扇も要チェックです。フィルター汚れや経年劣化によって吸い込みが悪くなると、油煙が広がり、室内の壁や天井、照明に汚れが付いて臭いの原因になります。

調理中は必ず換気扇を回し、フィルターや内部の羽が汚れていたら丁寧に掃除をしておきましょう。10年以上使用した換気扇はそろそろ交換を考えてもいい時期です。新しい高機能な換気扇に交換するのも臭い対策に効果があります。

キッチンだけでなく、洗面所や浴室、トイレも湿気が多く、臭いが強く感じられる場所です。まずは排水口の汚れをチェック。掃除をしても排水の臭いがする場合は、排水管の掃除をしましょう。業者に依頼して高圧洗浄をすると、奥の方までスッキリきれいになります。

洗面所やトイレは壁面のカビもチェックしましょう。特に洗濯機の裏側はカビやすいので注意が必要です。

トイレの臭いは、便座と便器のスキマ、便器と床のスキマに汚れが溜まりやすく、臭いの原因となっていることも。これらの臭いが入り混じって家の臭いに繋がっていますので、丁寧に掃除をして対策をしておきましょう。

ペットの臭い対策、犬は体臭、猫はトイレが原因に

ペットが家の臭いの原因になっていることがあります。動物を飼っている人の家は臭いでわかります。それがネコなのか犬なのか、ウサギなのかハムスターなのかの区別もだいたいつきます。爬虫類の場合は、水槽の前に立つまで気がつきませんでした。

ペットたちのハウスや水槽、カゴはマメな掃除が大切です。ペットの臭いは、一緒に暮らしていると気付きにくいのですが、外から来た人には、強い臭いとして感じられることが少なくありません。

犬の場合は体臭が原因となっていることが多いので、犬がよくいる場所や犬用クッション、毛布などはこまめに掃除と洗濯をして対策しましょう。犬のおもちゃも要注意です。臭いの原因のひとつとなっていることがあるので、いつも清潔を心がけましょう。

猫は多くの場合、トイレの臭いが原因になっています。猫のトイレはマメな掃除をし、周囲の換気にも気を配りましょう。ペットの居る部屋に換気扇を設置する、壁面に消臭機能を持ったタイル状の壁材を張る、同じく消臭機能を持つ塗り壁材を塗るのも、臭い対策に効果があります。これらは今あるビニールクロス壁紙の上から簡単に工事ができ、DIYリフォームでも可能です。

消臭機能を持つ壁材を使えば、ペットだけでなく様々な家の臭いが軽減できます。玄関で靴の臭い対策として、寝室で寝具の臭い対策として、ダイニングやキッチンで食事の臭い対策として、上手に活用しましょう。

お風呂の臭いがする家? 原因はひどい湿気

お風呂のような臭いがする家もあります。調べてみると原因は湿気で、中には床下がびっしょり結露しているような家もありました。床下の湿気は家の臭いを強めるだけでなく、家のカビも繁殖させます。

一戸建ての場合は、冬に床下を覗いてみて土が見えたら、乾燥具合を見てみましょう。完全に乾燥していないようであれば、湿気が多い土壌の可能性があります。床下の湿気は土台などを腐食させ、シロアリが繁殖しやすい環境でもありますので、専門業者に相談し、早めに対策をしておきましょう。

マンションの場合は、結露や漏水による湿気が、臭いとカビの原因となっていることがあります。特に外壁に面した北側の壁面は結露しやすいので注意しましょう。家の中の湿気を防ぐと、自然に臭いは軽減し、家のカビも防ぐことができるようになります。

家具の接着剤や塗料の臭い、シックハウスに注意

リフォームや新築して間もなかったり、新しい家具を購入した時、使われた接着剤や塗料の臭いが抜けておらず、その臭いを家の中で感じることがあります。建築基準法により住宅建築に使用される化学物質には制限がありますが、それでも完全にゼロというわけではありません。

特にホルムアルデヒドは、シックハウスの原因になることもあり、気分が悪くなったりアレルギーの原因となったりすることがありますので、リフォーム後や新しい家具を購入した時には、こまめな換気を心がけましょう。

消臭機能を持つタイル状建材エコカラットは、空気中の有害物質を吸着してくれる効果もあります。

家の臭いの原因となっている布、古い畳

たくさんのお宅を訪問して気付いたことは、ファブリック、つまり布類を多用している家ほど臭いが強く感じられたことです。インテリアでファブリックを使うのは効果的で、ドラマチックな演出ができるので写真集などでもよく使われています。

しかし布類は臭いを吸着しやすく、家の臭いの原因となることも多いので注意が必要です。寝室で臭いが強いのも、体臭が寝具に染みついているからです。カーテンやクッション、ラグはもちろんのこと、寝具類や衣類なども臭いのチェックをしておきましょう。

布の臭い対策は、消臭機能が付加された布製品を選ぶ方法もありますが、手っ取り早いのはウォッシャブルタイプを選んでこまめに洗濯をすることです。

古い畳も臭いを強く感じることがあります。そんな時は、畳をいったんあげて天日干しを行い、丁寧に掃除機を掛けて、消毒用アルコールなどで拭き掃除をするだけでも臭いを軽減することができます。その後、畳の下に墨シートなどを敷いておくのもいいでしょう。

また以前は、水切りしたお茶殻を畳に撒いて、ホウキを使って掃除をしていました。ほこりが舞うことなく掃除ができ、お茶の香りが畳の消臭にもなる、昔の人の生活の知恵です。畳のお手入れ時期は、畳表がイグサの場合は7〜8年で表替え、新床への交換は10年程度が目安です。そろそろ交換時期であれば、思い切ってリフレッシュするのもいいでしょう。

家の臭い対策は、まずは臭いの原因となっているものを取り除き、臭いを倍増させてしまう湿気を防ぐ工夫をしておくことが大切です。
(文:Yuu)