カッサーノのインテル愛溢れるセリエA評、ぶっちゃけてる

写真拡大

『Gazzetta dello Sport』は24日、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノのインタビューを掲載した。

今夏ミランやローマが大きな改革を行った一方、インテルやナポリが堅実に力を伸ばし、逆にユヴェントスはボヌッチが抜けて変革を余儀なくされた。

カッサーノは今シーズンのセリエAをどのように見ているのか?彼のコメントは以下のようなものだった。

アントニオ・カッサーノ

(ローマとインテル、どちらを応援する?)

「僕はインテルをサポートするだろうし、彼らは勝つだろうね。インテルはベンチ上に天才を持っているから。スパレッティという天才をね。

おそらく、常にセリエAで最高のチームであったユヴェントスも破ることが出来るだろうね。

僕は僅かな時間しかインテルでプレーしていないが、「インテリスタ」の中に生き続けていると思うよ」

(イカルディとジェコはどちらが上?)

「ジェコはサッカーをして点を取る選手。イカルディはもう少しチームプレーヤーだね」

(パトリク・シックは獲得した方がいい?)

「彼はパウロ・ディバラよりも優れているよ。キャラクターを考えれば、インテルに加入するようアドバイスしたいね」

「ボヌッチよりダニ・アウヴェスの方が痛い」

アントニオ・カッサーノ

(セリエA優勝はどこになる?)

「僕はユヴェントスとナポリの前に、インテルと言いたいね。賢い移籍マーケットを過ごしたよ。サバティーニも必要なかった。

サンプドリアから来たミラン・シュクリニアルは怪物だね。その結論に達するまでに、それほど時間は必要なかったよ。彼とボルハ・バレーロ、マティアス・ベシノはピエロ・アウジリオ(インテルSD)の声明のようなものだね」

(ユヴェントスはボヌッチが抜けて弱体化した?)

「彼はバルザーリやキエッリーニのお陰でトッププレーヤーになった選手だ。ダニ・アウヴェスの退団のほうが痛いだろうね。

ボヌッチは、ユヴェントスのドレッシングルームが悲しかったと言っていたね。僕が『ユヴェントスは軍隊のチームだ』と言ったことは間違いじゃなかったね」

(ミランとナポリを比較すると?)

「モンテッラ監督はいいね。ミランは多くのお金を使った。ただ、サン・シーロが皆のためにあるものではないんだ。

ナポリはいつも同じ11人でプレーし、一つの戦術で戦っている。彼らは常に反復的であり、それがナポリの限界でもあるね」

(セリエAのTOP3プレーヤーは?)

「一人は絶対的な王者だ。ゴンサロ・イグアインだね。その次に来るのは、インシーニェとジェコだろう。

インシーニェはカッサーノより上か?彼と僕は非常にいい友人なんだ。ただ、僕のほうが彼よりいい選手だし、違ったタイプだね。

僕は純粋なインスピレーションでプレーし、ピッチ上でファンタジーを見せる選手だ。さらに違ったポジションでプレーできる。

インシーニェは4-3-3の左に配置される必要がある。彼がマラドーナの10番を受け継いだら、問題しか産まないね」