TOTO、DAIKEN、YKKAPの3社は、9月27日(水)〜29日(金)に東京ビッグサイトにて開催される、アジア最大級の総合福祉機器展「第44回国際福祉機器展H.C.R.2017」に出展する。

 TOTOブースでは居室内に後付け設置ができるベッドサイド水洗トイレの新商品や、 新型のトイレ「ネオレスト」(8月発売)などを展示、DAIKENブースでは利用者の使いやすさと安全に配慮しさまざまな建材を活用した高齢者施設の空間展示、YKKAPでは室内外のドアをかんたんに交換し、快適な出入りを実現する「かんたんドアリモ」のBefore&After展示などを行う。このように3社共同で、高齢者施設等における介護負担の軽減や在宅での自立支援などを空間展示やリモデル事例を通し提案する。