北朝鮮が26日朝、短距離ミサイルを3発発射した(イメージ)=(聯合ニュースTV)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は26日、北朝鮮が同日午前6時49分ごろ、東部の江原道・旗対嶺付近から北東方向の東海に短距離ミサイルとみられる飛翔体を数発発射したと発表した。約250キロ飛行したとみられ、軍当局は文在寅(ムン・ジェイン)大統領に直ちに報告した。

 北朝鮮が発射したミサイルは3発で、1発目と3発目は200キロ以上飛行したが、2発目は発射直後に爆発したとみられる。

 米太平洋軍司令部によると、北朝鮮は同日午前6時49分、同7時7分と19分にそれぞれ1発ずつ短距離弾道ミサイルを発射。1発目と3発目は予定通り飛行せず、2発目は発射直後に爆発したとみられるという。

 これについて韓国軍関係者は「発射に失敗したかどうかについて韓米両軍が分析中だ」と説明した。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は先月28日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星14」の発射以来、1カ月ぶり。今回発射したミサイルについて韓米が詳細を分析中だが、射程約300キロの「スカッドB」だったとの観測が出ている。ただ、3発全て失敗したとみられることから、新型ミサイルの可能性も指摘される。

 北朝鮮の今回のミサイル発射は、韓米両軍が韓国で21日から実施している合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)に対する反発から挑発に出たとの見方もある。

 ただ、北朝鮮が「火星14」や中長距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などではなく、短距離ミサイルを発射した点が注目される。

 北朝鮮がUFGに対抗して武力示威に出たものの、挑発レベルを下げ情勢の悪化は避けようとしたとの見方もある。北朝鮮が挑発を自制しているとトランプ米大統領が評価したことに対し、米国の期待におとなしく従わないとの姿勢を示したとの分析も出ている。

 韓国青瓦台(大統領府)はこの日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開いた。

 韓国軍合同参謀本郡は「わが軍は北の新たな挑発に備え、監視・警戒を強化している。関連動向を追跡し、万全の態勢を維持している」と強調している。