本日、全面開館!運河と山に囲まれた、アートとデザインを体感できる新名所「富山県美術館」

写真拡大 (全11枚)

富山駅北側にある富岩運河環水公園西地区に、本日「富山県美術館」が全面開館します。国内で数々の賞を受賞してきた内藤廣氏が手がけた建物の中や外には、無料で楽しめるスポットもたくさん。屋上は立山連峰が望める特等席です。「見る」「創る」「学ぶ」などさまざまな角度からアートとデザインを体感できる美術館を、ちょっとのぞいてみましょう。

アートとデザインを楽しめる新美術館がオープン!

富山駅北口から徒歩約15分の場所にある「富山県美術館」(Toyama Prefectural Museum of Art and Design 略称:TAD)。3月末に一部開館し、8月26日にいよいよ全面開館します。
富山県立近代美術館の耐震性などから、移転新築された「富山県美術館」。そばには、富岩運河が流れ、緑が美しい環水公園もあります。館内には無料で楽しめるエリアも多く、公園の散歩がてら、ふらりと訪れる方も多いんだとか。何度も足を運びたくなるほど、魅力たっぷりの美術館をご紹介します。

企画展では、国内外の美術館コレクションを約170点紹介

全面開館と同時に幕が開く、富山県美術館開館記念展第1弾はアートの根源的なテーマである「生命=LIFE」を感じる「生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて」(8月26日〜11月5日)。「LIFE」を「『すばらしい世界=楽園』をもとめる旅」ととらえて、「子ども」「愛」「日常」「感情」「夢」「死」「プリミティブ」「自然」の8つの章により構成して紹介します。
ルノワールなどの印象派からクリムト、シーレなどのウィーン世紀末美術、ピカソ、シャガールなどの20世紀のモダンアート、青木繁、下村観山などの日本近代絵画、折元立身、三沢厚彦などの現代アートなど、国内外のコレクション、約170点を一度に鑑賞できます。

第2弾は富山県美術館初のデザイン展である「素材と対話するアートとデザイン」展を開催。第3弾は、NHK Eテレで放送中の「デザインあ」とコラボした展覧会など、毎回足を運びたくなる魅力的な企画展が今後も続きますよ。

鮮やかな赤い壁が目を引く「TADギャラリー」

館内を進むと、ふわりと木の香りが漂います。それと同時に、目に入るのは赤い壁が印象的な「TADギャラリー」。壁は左官技法で塗られたもので、触るとでこぼことした塗り跡が分かります。
この「TADギャラリー」は無料で観覧できる展示室。全面開館後には、国内外で活躍中のコンテンポラリーアーティスト・折元立身さんによる作品が展示されますよ。

立山から降りてきたクマや、タッチパネルで楽しめるポスターコレクションも

2階へ上がると、木が組み合わさった廊下が目にとまります。ここの壁や天井に使われているのは全て富山県の杉で、県産の中でも明るい色の氷見市の杉を使用。ひとつひとつ角を丸く削るなど、職人泣かせのこだわりが詰まっています。

中央の廊下を進むと外には、現代彫刻家・三沢厚彦氏が手がけたクマさんがお目見え。1m、2m、2.9mと3体のクマがそれぞれ違う表情を見せてくれます。記念撮影にもぴったりのスポット。お気に入りのクマの隣に並んでみてくださいね。

3階には、タッチパネルで楽しめるポスターコレクションがお待ちかね。
美術館が所蔵する約13000点のうち、3000点を見ることができます。地域別やジャンル別などでタグづけもされているので、検索操作も抜群。小さい頃に見た懐かしいポスターや、世界ポスタートリエンナーレトヤマの受賞作のポスターなどさまざまなポスターに出会えますよ。

地方初出店の「たいめいけん」やたっぷりの野菜が楽しめるカフェも

館内では、東京で人気を集めている「日本橋たいめいけん」でランチやディナーも楽しめます。看板料理でもあるふわっふわの「タンポポオムライス」(1680円)をはじめ、ボルシチやコロッケ、ハンバーグなどなど広い世代に愛されるメニューが揃います。地方初出店となる富山店では、地元食材を使用したオリジナルメニューも。どこか懐かしい日本の洋食が味わえますよ。

富山で人気のベーグル専門店が、「Swallow Cafe(スワロウ カフェ)」というカフェもオープン。ふわもちなベーグルをたっぷりの野菜とともにいただける「スワロウプレート」(1080円)や、お腹も満足な「スープパスタプレート」(1296円)などの料理や、お店限定のスイーツが楽しめます。
アートやデザインに触れたあと、感想を話し合う場としてもぴったりですね。

擬音語・擬態語の“オノマトペ”から生まれた遊具で遊ぼう

晴れた日には立山連峰が見えるという絶景オプションつきの屋上庭園には、「ひそひそ」「つるつる」などの擬音語・擬態語を指す“オノマトペ”をモチーフにつくられた遊具が彩りを加えます。グラフィックデザイナーとして活躍する佐藤卓さんがデザインしたさまざまな遊具には、多種多様な遊び方があり刺激もたっぷり。子どもも大人も一緒になって遊べるスポットです。

手に入れたい限定グッズも。富山のお土産がずらり

1階のミュージアムショップには、内藤廣氏に関連するデザイン書籍や、三沢厚彦氏の動物の彫刻作品がかわいいポストカードなどの富山県美術館にまつわるアーティストグッズが並びます。ショップの真ん中にはMOUNTAIN COLLECTERの富山県美術館限定ハンカチも。富山のお土産にもぴったりです。

外には富山県立近代美術館で愛されてきた展示品が飾られているなど、無料で楽しめるアートがたくさんある「富山県美術館」。全面開館の日には、記念コンサートや永井一正氏と佐藤卓氏らを招いたトークイベントなどさまざまなイベントも予定しています。富山の新しいスポットを、ぜひチェックしてくださいね。

ことりっぷの最新記事