@AUTOCAR

写真拡大 (全11枚)

text:Mike Duff(マイク・ダフ)

アウトバーンで、ほぼ負けない?

アウトバーンで、ほぼ負け(そうに)ない、高速クルーザーたちの価格が、しだいに下がっている。いま、何を買うべきか? 英国編集部が、英国市場で選んだ。

BMW M5

低走行/4オーナーで£19,980(282万円)という物件、販売者によれば「英国内でベスト」というコンディション。エンスージァストへの販売を希望している、とのこと。

アウディRS6

なかなかにきれいで、走行距離は14万km強、機械面のトラブルはなく、タイヤ4本はほぼ新品。整備の履歴や領収書も揃っていて、価格は£12,950(183万円)。

メルセデス・ベンツE55 AMG/E63 AMG

文句なしの整備履歴を持つ2オーナーのE55で、走行距離は10万6000km強。価格は£13,995(197万円)。

V8エンジンの性能に見合うシャシーの精巧さを手に入れた、初の真にモダンなAMG製セダン。

E55に搭載される5.4ℓスーパーチャージャーユニットはイージードライブ、その後に登場したE63の6.2ℓ自然吸気は回転志向だ。

BMW M3

£10,990(155万円)で、走行16万km目前ながら充実装備の個体。ほとんどの時間を、同じオーナーのガレージで過ごしたクルマだという。

Mモデルの中でも傑作に数えられる一台だが、市場に出回るのは、ガレージ保管の箱入り娘か、スクラップ一歩手前か、両極端な状況。

マニュアルのクーペが一番人気。

ボルボV60ポールスターT6

中古車を見つけられるのはレアケース。最高値だった£29,945(422万円)の個体は、装備は多く、走行距離は少なく、メーカー整備の履歴もしっかりしている。

数は少ないが、探す価値はある。初期モデルのV60ポールスターは限定車で、素晴らしいパフォーマンスを示す直6ターボを搭載する。

ポルシェ・パナメーラ

通常は2回止まりの整備を毎年受けていた2010年式のパナメーラ4で、走行距離は4万4000km、価格は£29,950(422万円)。

型落ちになったばかりの初代パナメーラだが、初期型の、特にガソリンユニット搭載車は、V6もV8も魅力的な存在となってきた。

ターボは500ps/71.3kg-mをマークし、激しく速い。

ジャガーSタイプR

04〜05年頃の登録で、2オーナー、14万6000km強の個体で、ほぼフルオプション。価格は£9,995(141万円)。

Sタイプのレトロな丸目デザインは人気が低く、下位グレードは古臭さも目立つが、395ps/55.2kg-mのスーパーチャージャーユニットを積むRは速く、それでいて上品さでも申し分ない。

ジャガーXJR

2015年登録で走行1万2000km弱、保証も残ったほぼフルオプションの個体を見つけることができた。

現行XJはいつも風変りで、高級車セグメントにありながらドライバーズカーでもある。XJRはその傾向が一層強く、ライバルを脅かすパフォーマンスとハンドリングを備える。

滅多に物件が見つからないので、辛抱強く探そう。

アウディS4

12万7000km少々でフルレザー、整備履歴完備の個体が、£14,250(201万円)で手に入る。

これまたアウトバーン攻略マシンといったS4だが、今回の主役たちより新しい割には安価な個体も見られる。

334psのV6スーパーチャージャーの扱いやすさはもはや伝説的なほどで、その速さもより高価なRS4に匹敵するレベルだ。

メルセデス・ベンツC63 AMG

装備充実の2008年式、走行10万6000km強で£19,950(281万円)。

人気を反映し、強気の値付けが続くC63。支持を集める大きな理由は、カリスマ性すら漂う463ps/61.1kg-mの6.2ℓV8自然吸気ユニットだ。英国での販売はクーペが主流だが、セダンとワゴンも存在し、これらも探す価値はある。