日本政府が米国に歩調を合わせ、中国企業も対象にした資産凍結を含め北朝鮮に対する制裁を強化したことに対し、中国外交部は日中関係に新たな障害を作り出したなどと強く批判した。中国メディアの環球網は「風見鶏」との表現で批判した。資料写真。

写真拡大

日本政府が25日の閣議で、中国企業も対象にした資産凍結を含め、米国に歩調を合わせて北朝鮮に対する制裁を強化したことに対し、中国外交部(外務省)の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は25日の記者会見で日中関係に新たな障害を作り出したなどと強く批判した。中国メディアの環球網は「風見鶏」との表現で批判した。

日本政府は25日の閣議で、北朝鮮から石炭を輸入した中国企業や、アフリカのナミビアに拠点を置き北朝鮮企業と取り引きのある中国企業の子会社など計6企業と2個人を新たに資産凍結の対象に加えることを了承した。中国メディアの新華社は、資産凍結の対象中、5社が中国系企業、1個人が中国人と報じた。

華報道官は同日の記者会見で、中国は一貫して国連安保理の決議を全面的に実施していると主張。その上で「安保理の枠組み外、特に中国側の団体や個人に対する一方的制裁には断固とし反対している」と説明。

さらに日本の制裁を「中国側の厳正な立場を顧みず、意固地に某国に追従し、中国企業と個人への一方的制裁を実施した。われわれはここに強烈な不満と断固たる反対を表明する」と強く批判。

続けて、「日本のやり方は中国側の利益と司法主権を重大に損ねるものであり、中日関係(日中関係)の改善の進行に新たに政治的障害を作るものだ。中国は日本に対して、間違ったやり方を即時に停止することを要求する。日本が独断専行するならば、作り出された結果を請け負わねばならない」と論じた。

中国メディアも日本の北朝鮮制裁を大きく報じた。共産党機関紙・人民日報系の環球網は「跟風(グンフォン、風に従う=風見鶏)」との見出しで、日本は米国に追随しているとして批判した。(翻訳・編集/如月隼人)