2歳4か月の娘を育てているママ、ちくま(@chikumababy)さん。現在、育児に追われる忙しい日々を送っているそうです。

育児で大変な思いをする中で、「3歳までは、しつけをすることは無理。大人しい子も見かけるけど、それは本人の気質」という意見があることを知り、深く納得してしまったといいます。

その理由を漫画にしてTwitterに投稿すると、同じ境遇のママから、共感する声が続出しました!

3歳までの子どもと買い物すると、こうじゃない?

子どもと買い物に行くと、『買い物地獄』とでも呼ぶようなシチュエーションになるといいます。

まず、店に入ると子どもがはしゃぎ、走り出してしまいます。

優しく、いい聞かせても効果はなく…。

厳しくいっても、やはり効果はありません。

最終手段で子どもを連れて帰ろうとするも、余計に騒ぎ出して周りの視線が痛い…。

「周りに迷惑をかけてはいけない」ということや、「難しくても、子どもにはダメなものはダメということを伝え続けることが大切」と考えている、ちくまさん。

しかし、どうしても子どもを止められないことがあるといいます。

ちくまさんの赤裸々な思いと体験談に、応援と共感の声が寄せられています。

うちの息子も同じ状況で、毎日イライラと闘っています。周囲の視線が刺さりますよね。買い物するのにもひと苦労ですよね。お気持ちが痛いほど分かります。私は子どもがいませんが、一生懸命に子どもと向き合おうとする親御さんには、嫌な気持ちはしません。むしろ尊敬します。

ちくまさんがいう通り、騒ぐ子どもを放置しても平気でいる親は、ごく一部の人なのでしょう。多くの親が、「周りに申し訳ないと思っているけれど、うまくいかない」と頭を悩ませているのだと思います。

子どもを放置する親は論外ですが、多くの親が苦労していることを周囲の人が理解し、温かい目で見てあげることが何より大切なのでしょうね。

[文・構成/grape編集部]