樋口龍 GA technologies社長

写真拡大

不動産とITを融合させたリーテック(不動産テック)市場が勢いを増している。それを受けて異色のベンチャー企業には、「プレイステーションの生みの親」として知られるソニーの元幹部など、IT業界の著名人が次々と集まりつつある。いまだにファックスが飛び交う不動産業界を、デジタルの力で革新できるか――。

■プロサッカー選手を捨てビジネスの世界へ

GA technologies(ジーエーテクノロジーズ、以下ジーエー)の創業者の樋口龍社長は、1982年東京・品川の生まれ。小学生のころから世界的なサッカー選手を目指し、強豪の帝京高校に進学、全国大会にも出場した。卒業後、育成選手として、ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)に5年間所属した。

育成選手では「プロ」ではないので、給料はもらえない。アルバイトを続けながらプロを目指したが、23歳で断念。その時、ソフトバンクの孫正義社長の評伝『志高く』という本に出会い、衝撃を受けたという。

「それまでビジネスの世界は全く知らず、スーパースターだった三浦知良さんにあこがれるサッカー少年だった自分には、ビジネスと言えば50代、60代のおじいさんの世界だと思い込んでいました。しかし孫社長は中卒で米国へ留学し、帰国後すぐに起業。さらにNTTに戦いを挑み、当時独占市場だった通信業界を変革できないならば、『俺は死んでもいい』と総務省に乗り込んでいます。サッカー選手であれば人生をかけた覚悟で臨んでいる人はいると思っていたが、ビジネスの世界にも死ぬ気でやっている人がいると、そのとき初めて知ったんです」(樋口社長)

樋口氏は孫氏の評伝から「世の中を変えるにはITを使うことが最短・最適である」と考えるようになるが、自らが取り組む具体的なマーケットを絞ったのは2007年のこと。「いろいろ調べるうちに、規模は大きいけれどテクノロジーが遅れている分野として不動産業界が浮かび上がってきました」(樋口社長)。

まず、業界の仕組みを学ぶため中堅不動産デベロッパーに入社。徹底した努力を重ね、気が付けば7カ月でトップセールスになっていた。樋口社長は自信を持って「働いた時間ではこの当時、日本で5本の指に入るのでは」と言う。

「サッカー選手時代の体験から、まず、何よりも努力が肝心だとわかっていました。初動の努力を100点でなく、300点、400点することが大切なんです。いかにお客さまを魅了するかを徹底的に鍛え、コミュニケーション能力とマネジメント能力を身に付けることができました」

■日本で広がる「リーテック市場」

サッカー選手時代から「世界を目指す」ことを求めてきた樋口氏は、2013年3月、ついに起業する。

「コネもカネもありませんでしたが、着目した『リーテック市場』の可能性と不動産セールス時代に培った営業力で、不動産業界を変えられるという覚悟と自信はありました」(樋口社長)。

「リーテック(不動産テック)」はリアルエステート(不動産)とテクノロジーを掛け合わせた造語。2010年頃からアメリカを中心に急拡大しており、現在は世界45カ国に1300以上のサービスが存在すると言われる。

そしてリーテックの対象となるのが中古不動産市場だ。特に日本は中古市場の割合が小さく、不動産市場全体のわずか13%。米国の77%、英国の88%などと比較すると極端に小さく、伸び代は大きいとみられている(国土交通省「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」)。

日本の中古不動産市場が拡大しない原因としては、業者と消費者との「情報格差の存在」が指摘されている。不動産業者が「相場」について知悉しているのに対し、消費者はつねに「カモ」にされる存在なのだ。これでは市場は広がらない。

ジーエーは、こうした情報格差を埋めるサービスとして、2016年8月にAIを活用したリノベーションアプリ「Renosy(リノベ版)」を開始している。物件選びからリノベーションの提案までをアプリ内で完結させるもので、「希望に合う物件が見つからない」「自分のこだわりがうまく伝わらない」といった不満をAIの活用で解決するとしている。

また、2017年3月からはチャットで気軽に相談できる不動産投資アプリ「Renosy(投資版)」も開始。「営業マンとのアポが面倒」「自分にあった投資物件が分からない」という不満や不安を、豊富なデータベース機能とリコメンデーション機能によって改善し、若い世代の不動産投資の拡大を狙っている。

■意気に感じて集まる多彩な専門家

AI活用の取り組みはまだ始まったばかりだが、ジーエーはIT業界からは大きな注目を集める存在でもある。17年4月、不動産業界で初となる自社内研究開発組織「AI戦略室」が新設され、その室長に元ソニーの小林賢一郎氏が就任したからだ。小林氏は東芝およびソニーの研究所において自然言語、人工知能、ロボット(AIBO、QRIO)、データ解析の研究に従事。2007年からはソニーの主任研究員を務めていた。小林氏は同社への入社について「発足間もないスタートアップ業の意気に感じた」と述べている。

またAI戦略室のゼネラルマネジャーの橋本武彦氏は、一般社団法人データサイエンティスト協会の事務局長を務めており、業界の顔ともいる存在だ。同氏は入社の理由について「会社にデータ活用の風土がある」と語る。

さらに7月19日には、ソニー・コンピュータエンタテインメントの元CEOで、プレイステーション(PS)の生みの親として知られる久夛良木健氏が、ジーエーの戦略顧問に就任したという発表があった。久夛良木氏は就任にあたり、以下のようなコメントを発表している。

「少子高齢化や人口減少が進む日本社会において、不動産業界の“(新築を)建てては壊す” 風習にかねてより疑問を感じてきました。欧米のように、既存の建物にメンテナンスを加えながら大切に住み続ける文化を今後育くめたらと考えており、GA technologiesの“テクノロジーを活用して中古不動産市場を一段と活性化したい”という取り組みには意を強くしました。同時に、同社の事業領域でもあるリーテック分野にも大きな可能性を感じ、この度戦略顧問として参画することになりました。これまでに先端テクノロジー領域で培った経営経験を活かして、同社の事業を支援していきたいと考えております」

次々と著名人の参画を決めているジーエー。若き異色の経営者は、こうした人材を活用して、不動産市場に風穴をあけることができるか。注目が集まる。

(経済・産業ジャーナリスト 丸山 隆平)