20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪のホテルスタッフとして働いている落合直美さん(仮名・35歳)。薄化粧ながら目鼻立ちがはっきりしている美人で、胸元まである髪を後ろでひとつに結び、シワ1つない真っ白なシャツに細身の黒パンツを着ていて、ちゃんとした大人の女性といった感じです。しかし、話し方はゆっくりしていて声も柔らかく、言葉の訛りもあり、内面はおっとりしているとのこと。そんな、男性受けしそうなギャップを持った彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、両親と4歳上の姉との4人家族です。両親は飲食店を経営していました。小さい頃からお店の休みもあまりない状態だったので、家族旅行もほとんど連れて行ってもらえませんでしたね。でも、家族仲は良かったです。私も高校生ぐらいからお店を手伝ったりしていました。接客が好きになったのも、両親の影響だったんじゃないかなって思っています。今はもう、お店は両親の加齢もあって潰してしまっているんですが、継げるものなら継ぎたかったですよ。両親が頑なに自分たちの代で閉めると言ったので、その願いはかないませんでしたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学2年生の時です。同じクラスの男子でした。その子のことはかっこいい人とは思っていたんですが、好きという感情はありませんでした。でも告白して来てくれたんで、その思いが嬉しくてOKしました。彼とは卒業近くまで付き合いましたが、お互いぎこちないまま、仲良くなっても友達の延長みたいな感じで、高校が別々になるからという理由で別れました。特に何をしたかとかもう覚えていないんですよね。そんな感じの付き合いだったと思います。

高校時代も5人の男性と付き合いましたが、どの彼もちゃんと好きだったな〜という思い出はあまりないですね。男性が恋愛で『好きだ』とか『愛してる』とは甘い言葉を言われると、急激にひいちゃう自分がいるんです。受け付けられないほどの恥ずかしさに襲われて、よそよそしくなっちゃうというか……。自分はこんな感じで恋愛にハマることもなく、そこそこ好きな人と将来結婚するのかもと、思春期の頃は不安に感じていましたね」

直美さんは高校を卒業後に、県内の短大へ進学。アルバイト先で、とある男性と出会ったそうです。

「短大1年の時は毎日学校に行っていたんですが、2年になると通学は週3くらいになったんです。そこで暇だったこともあり、アルバイトを始めました。その頃には実家の飲食店は姉がメインで手伝っていたので私はいらなかったみたいで……。アルバイト先はホテルの清掃や雑用のスタッフでした。時給はそこまでよくなかったんですが、希望を出せば朝から働けるところが気に入りまして。そこでは淡々と働く予定だったんですが、フロントスタッフをまとめている社員の方と出会ってしまったんです。彼は12歳年上の30歳過ぎの既婚者で、物腰も柔らかく、大人の男性って感じでした。男臭くなくて、清潔感もすごくあって、とにかく優しかったので何かあると彼を頼るようになっていました。でも、異性としてではなく、あくまでもバイト先の社員さんとしてでした」

最初は異性として見ていなかったのに……。

彼と仲良くなっていくにつれて、口説かれ始めたといいます。

「彼があからさまに、私にアプローチをするようになったんです。周りの女性が違和感を覚えるほどの特別扱いや、お昼や夜ご飯に誘ってきたり、私のことを常にかわいいと褒めてくるようになりました。最初はその態度の変わりように戸惑っていたんですが、徐々に彼を気になるようになってしまって……。彼がほかの女性としゃべっているだけで、やきもちをやくようになっていました。

そんな気持ちを持つようになった後に2人で飲みに行って、キスをしてしまい、私から告白してしまいました。もう彼のことが大好きになっていたんです。でも、彼は『嫁がいるから普通の付き合いはできないけど、それでもいいなら』と私に判断を委ねる感じで……。この人絶対に最低な男だとその時も強く思ったんですが、もう止められませんでした。初めてちゃんと好きで付き合った人は不倫……。私にとっては淡い恋のスタートだったんですが、現実は想像以上に辛いものでした……」

配膳スタッフとして働く中、仕事中の彼との接点はあまりなかったものの、休憩はいつしか2人で取るのが当たり前になっていきます。

アルバイト先の12歳年上の社員との不倫……。せめて一緒の時は優しくしてくれるはず。その願いさえ高望みになってしまい〜その2〜に続きます。