シャイな子どもの「殻」を壊したMake Schoolというプログラム

写真拡大 (全5枚)

プログラミングも英語も初心者で、パソコンの前で固まっていた中学生が、3週間後には英語で自作アプリを元気にプレゼン。参加者の父兄らは「こんなに毎日朝から晩まで熱中して取り組んだことは初めて」と口にした。筆者がこの夏に目にしたこの”マジック”みたいな光景は、いったいどうして実現できたのか──。

大学を越える教育を世界に

これは、7月から3週間にわたり東京で開催されたMake Schoolでの一幕だ。Make Schoolは2012年、Yコンビネーターの育成プログラムから発足。従来の大学教育の限界を超え、実際にスタートアップで求められるプロダクト開発ができる人材育成のために、短期から2年までのコースを提供し、中学生からシニアまで様々な人々が受講している。いま米国で同スクールの競争率は10倍超とも言われる人気ぶりだ。

グリーなどが株主であることから日本とも縁がある。企業研修として米国のスクールに人を送るところから始まり、2016年はZ会がパートナーとなって日本でのスクールを初開催。昨年末、野村美紀氏が「会ってこれだと思い、すぐ決めました」と日本代表になり、この夏のサマースクールが本格的に始動した。

共同創業者のJeremy RossmannとAshu Desaiは、Make Schoolを世界に広げるビジョンを持っている。事実、「私の国にもMake Schoolを!」という声も多く、この東京でのサマースクールにも、中国、シンガポールなど海外から4人の子どもたちが参加した。


サンフランシスコから来日したiOSエンジニアのLuke Solomo

目を輝かせる中高生たち

3年前からの知人であるJeremyから「明日、コミュニティパーティに来てよ! 会えるといいね」との突然のメッセージにつられて、キックオフ会場に足を運ぶと、目をキラキラさせた生徒がたくさん。Make Schoolの本拠地サンフランシスコから来日した講師とともにiPhoneアプリ開発を学ぶ東京サマースクールには34人が集まっていた。

「意識高い系」の集まりかと思えばそうでもなく、ちょっと好奇心のある普通の子たちが大半。中学1年生から大学卒業生までと年齢も幅広く、学びたいこともプログラミングだったり英語だったりと人それぞれ。インターナショナルスクールの子もいるが、普通校の子の方が多く、プログラマーというと男性ばかりをイメージしがちだが、女子もけっこういる。

参加者の8割はプログラミングに覚えがなく、英語力は事前にSkype面談でチェックされるが、「頑張るから参加したい」という初心者もいて、二重のチャレンジがある。そもそもアプリを自分でつくって人前で英語でプレゼンするなど、やったことのある参加者はいない。



米国スタートアップ・カルチャーの中で成長

このスクールの特徴は、3つある。まず実践主義。理論や言語の学習でなく、あくまでプロダクトをつくることを目的としているため、実際に役に立つプロダクトを発案し、フィードバックを得て、仕上げていく力が養われる。

次に英語。英語が不得手と言われる日本でも、米国から来たインストラクターは英語しか聞かず話さず、初日のオリエンテーションや自己紹介から最終日のプレゼンまで、とにかく英語でやる。

そして3つ目が米国スタートアップ・カルチャーだ。多様性を歓迎する、PDCAを回すことを重視するといったシリコンバレーの起業文化がベースになっているのが、プログラム全体によく影響している。実社会ともつながっており、マイクロソフトや富士通、グリーなどの企業が、企業訪問や指導、アプリの評価に協力している。

また、特筆されるのは、自主性と参加者同士の教え合い。あれをしろこれをしろと「教えられる」形はよくあるが、ここでは自主性が第一。同時に、グループを組ませて共に成長する助け合いを促す。これは年齢が違っても関係ない。



東京サマースクールの参加者について、米国から来た講師たちは「シャイだしプレゼンは下手だが、習得は早い」と話す。はじめは反応が薄く、理解しているのか心配だったが、日々進歩する姿に感心したそうだ。こうして、自信のない子供たちも、一緒になって学び、つくる楽しさを覚え、熱中している間に成長する。

スクール後もコミュニティは続き、後日3日間の短期プログラムを手伝ったり、社会人も参加できる週末プログラム(日曜10回・東京)に参加しようという卒業生もいる。

生徒たちが、これまでの自分の枠を超え、英語やプログラミングという壁をのり越えるMake Schoolは、革新的な教育方法とそれを実践する人々の情熱が、いかに人を成長させるか、その力を再認識する体験だった。



筆者のボスだった大川功氏(元CSK・セガ会長)が「若者はコンピューターと英語を習得せよ」と言っていた20年前から、そんな場は国内にはわずかしかなかった。Make Schoolの東京サマースクールは、これを実現したうえに、起業家精神あふれるスタートアップカルチャーまで持ち込んでくれた。このエッセンスは、いまの日本の社会人にこそ必要なのではなかろうか?