(画像はイメージ)

写真拡大

TカードやPontaカードなど、共通ポイントカードを使っている人も多いと思います。共通ポイントカードを一番使う場所といえば...そう、コンビニです。

このコンビニで、2017年8月にさまざまな動きがあったのを知っていますか?

サークルK・サンクスでTポイントが開始

昨年の9月にサークルKサンクスはファミリーマートと経営統合しました。地域によっては、既にサークルK・サンクスだったところがファミリーマートになったところもあります。

すべてのサークルK・サンクスがファミリーマートになるのは2018年8月頃ですが、この看板替えの前に導入されたのがサークルK・サンクスでのTポイントサービスです。8月から、サークルK・サンクスでTカードを提示すると200円につき1 Tポイント獲得できるようになっています。

また、8月15日からはファミリーマートとサークルK・サンクスでモバイルTカードも利用できるようになりました。モバイルTカードとは、ガストアプリやスマホサイフなどのアプリにバーコードを表示する機能で、対象店舗でアプリ内のバーコードを提示するとTポイントを貯めたり使ったりできます。

ただし、サークルK・サンクスでのTポイントサービスは限定的で、ファミリーマートで実施されているファミランクやファミマTカード(クレジット機能つき)でのカードの日などは対象外。したがってTカード提示で貯められるポイント数は、200円につき1 Tポイントのみとなります。

サークルK・サンクスといえば、従来は楽天ポイントカードの利用が可能でした。Tカードの導入に合わせて楽天ポイントカードは9月30日で使えなくなります。楽天ポイントカードの場合は100円につき1楽天スーパーポイントが貯まっていたため、Tカードになると獲得ポイントが半減してしまうわけです。9月30日までは楽天ポイントカードを使ったほうがお得でしょう。

では、楽天ポイントカードはコンビニで使えなくなるのでしょうか?

楽天スーパーポイントはローソンで使うべし

楽天ポイントカードはポプラや生活彩家で利用できますが、サークルK・サンクスよりは圧倒的に店舗数が少ないです。

さすがに楽天といえどもコンビニに弱い共通ポイントというのは厳しいですので、苦肉の策としてローソンでさまざまなキャンペーンを開始しています。

ローソンで楽天カードや楽天Edyで支払うと、12月末まではポイントが2倍になります。こちらはエントリーが必要なので忘れずに。さらにローソンでは、サークルK・サンクスでTポイントサービスが始まった同日から、楽天ペイでの決済がスタートしました。

楽天ペイはスマホに楽天ペイアプリをインストールすると使えるサービスで、レジではバーコードを提示するだけで支払うことができます。もちろんこの時に楽天スーパーポイントを使うことも可能。支払い時には200円につき1楽天スーパーポイントを獲得できます。さらに、登録しているクレジットカードのポイントも貯まるため、2重にお得なアプリというわけです。

"支払うこと"を太字にしましたが、もちろんPontaカードの提示やdポイントカードを提示すると、それらのポイントも獲得できます。

従って、楽天カードを登録した楽天ペイで支払うと、楽天ペイの200円につき1ポイント、楽天カードの100円につき1ポイント、ボーナスの100円につき1ポイントで、2.5%のポイントを獲得でき、Pontaカードやdポイントカードを提示すると、さらに1%のポイントを獲得できることになります。

アプリの切り替え技を覚えておこう

スマホ決済やスマホポイントカードが増えていくと、スマホさえ持っていればポイントカードを忘れた! 財布を忘れた! という場合でも安心ですが、逆に大変なのがアプリの切り替えです。

たとえば、ローソンでデジタルPontaカードを提示し、すぐに楽天ペイを起動し、バーコードを提示すればスマホだけでポイント獲得から支払いまでできるのですが、切り替えに手間取るとレジ渋滞を引き起こす可能性も。

それではアプリの切り替え技を紹介しましょう。iPhoneの場合は楽天ペイを起動してからデジタルPontaカードまたはdポイントアプリ、ローソンアプリなどを起動してバーコードを表示しておきます。続いて、ホームボタンをダブルクリック。そうすると、アプリの履歴が表示されるため、先程起動した楽天ペイアプリが1つ後ろにあるのでそちらをタップ。これで楽天ペイ支払いができます。

Androidの場合は、3つあるボタンの右側の□のボタンが履歴ボタンです。同じように楽天ペイを起動しておき、ローソンアプリなどでバーコードを表示。スキャンしてもらった後に□ボタンを押すと、1つ前に楽天ペイのアプリがありますので、そちらをタップ。これで簡単にアプリを切り替えられます。

今後、QRコードやバーコード決済・ポイント付与などが増えていきます。アプリの操作に慣れておきましょう。