あんなに好きだったのに…。男性が「彼女に冷めた」瞬間とは?

写真拡大



好きで好きでたまらない!私たちって本当にラブラブ…!そう思っていたのに、ふとしたことから別れにつながっていくものです。
付き合った日が浅いほど恋は情熱を保っていられますが、そのぶんちょっとしたことで冷めてしまうケースもあるのです。


彼女との恋にうかされていた男性たちは、どんなときに一瞬にして冷めてしまうのでしょうか?もっとも多い意見をまとめてみました!

■■ヒステリックに喚き散らしているのを見た瞬間

「連絡の頻度でケンカしたときに、だんだんとヒートアップして彼女がヒステリックに怒鳴り始めたとき。泣きながら物を投げている姿を見てこっちが冷静になってさーっと冷めた。それまで可愛い彼女だと思っていたからびっくりした」(20代/学生)


いつもは可愛かった彼女が一転、声を荒げてヒステリックに叫ぶ様子を見て恋が一瞬で冷めてしまう男性、結構多いようです。女性は男性に比べて、良くも悪くも感情的になりがちだと言われていますが、実際、男性は「感情的に話すこと」にあまり免疫がありません。


いつもは楽しくおしゃべりしていた彼女が、自分の感情ばかりをぶつけるようになったらショックも大きいもの。感情的にならないためにも、不満があったら小出しにしてその都度話し合うこと。また、自分の気持ちを整理して冷静に相手に伝える努力が必要です。

■■過去の過激な恋愛を暴露された瞬間

「自立していてかっこいい彼女が自慢だったけど、実は過去に不倫の経験があったと告白してきた。しかも不倫相手の奥さんに慰謝料も請求されて返済中らしい。いろんな意味でドン引きした」(20代/IT)


男性がもっとも萎えてしまう話題は、過去の恋愛についてです。「元彼はこうだった」と過去に付き合った男性との経験を赤裸々に語ったり、「不倫をしているときは苦しかった」と顔の道ならぬ恋愛を平気な顔で話すのは問題もの。


過去の恋愛のトラウマを今の彼氏が清算してくれるわけではありません。過去に触れるのではなく「あなたが一番!」という姿勢を貫いたほうがいいでしょう。

■■楽しそうに友達の悪口を言っているのを見た瞬間

「人当たりがよく愛想のいい彼女が、共通の女友達を楽しそうにディスっているのを見たとき。”あの子デブだよね〜”って笑いながら言ってるのを見てすげー性格悪いなって冷めた」(20代/コンサル)


裏表が激しく、人によって態度を変える彼女は彼氏からするとホラーです。「自分も友達の前では悪口を言われているのでは…」と不安になります。ストレス解消だからといってむやみに愚痴を話すのは考えもの。


友達を見下したりディスったりするなんてもってのほかです。性格の悪い女性はどんなに可愛くても勘弁してくれと思われるでしょう。

■■私生活にあれこれと口をだされた瞬間

「同棲をはじめたら彼女がうるさくなったこと。洗い物の仕方とか洗濯の仕方、ついには俺の貯金額についても口を出してきてめんどくせーってなった。彼女というより母親みたいで冷めた」(20代/IT)


一緒に生活すると相手の粗も見えてくるもの。こまかいことが気になったりすることもあるでしょう。しかしその都度口を出していたら「面倒くさい女だな」「まるで母親みたいだ」と思われてしまいがち。


また、結婚もしていないうちから彼の私生活に口を出すのは彼を息苦しくする原因です。どうしても気に入らないところがある場合は、まとめて話し合いをするようにしましょう。

■まとめ

せっかく愛し合った者同士、最後までラブラブでいたいと思うもの。恋愛初期のラブラブモードから「慣れ」に変化していくときは特に危険です。


些細なことで恋を壊してしまわないように、お互いに思いやりをもったお付き合いができるといいですね。(小林リズム/ライター)


(ハウコレ編集部)