トラブルなんてどこ吹く風! 困った時に救われた「ママ友の神対応」

写真拡大

ママ友というと、面倒な人間関係や「ママカースト」など、ネガティブなエピソードを連想しがちですよね。

「ママ友ってどこで出来るの?」赤ちゃんと行ける、ママ友ができやすいスポット5選

しかし実際は、同じように子育てに悩んだり、分からないことで困ったりする同志でもあるはず。同じ境遇で気持ちがわかるからこそ、励ましあったり、助け合ったりできることも多いでしょう。

そこで今回は、日常で救いとなったママ友の言葉や行動をご紹介します。

体調不良の時、ご飯を持ってきてくれた!

ママの体調が悪い時に困るのが食事の準備。そんな時に限ってパパの帰りが遅かったり、作り置きやインスタント食品も切らしていたりすると、どうしたらいいのか途方にくれてしまいます。

そんなときにママ友に助けられたというのが、日々の子育てをイラストで綴っているブロガーの龍たまこさん。

体調不良で夕飯が作れず、どうしようもなくなったときにママ友に「しんどいー」とLINEをしたところ、コンビニで食材を調達して自宅まで届けてくれたそう。これにはお子さんたちも大喜びだったとか。

体調不良など、突然のトラブルの際に頼りになるのは、やはり身近にいるママ友。お互いに困ったときに「助けて!」と言えるような関係を作りたいですね。

自分の子どものように真剣に考えてくれた!

我が子には、ついカッとなって叱ってしまうことも、周りの人の目からは少し冷静に見られることもありますよね。

そんなエピソードをブログに綴るのは、ベビーダンスインストラクターなどの活動をされているうめだんすさん。

彼女が3歳の娘さんを叱ったとき、一緒にいたママ友が、「お母さんはどうして怒ったのかな?」「もしかしてお母さんと何かお約束してなかったかな?」と、子ども自身で考えるように話をしてくれたのだとか。

ママに叱られたときはなかなか素直になることができない子どもも、他のママから冷静に言われることで、話をよく聞いたり、自分自身で叱られた理由を考えたりすることができるはず。こんなママ友、とても素敵ですよね。

うめだんすさんも、「ママ友が、子ども達のことを本当に考えてくれているからこそ!」「子ども達が彼女を信頼している証」というように、1日でできる関係ではないですが、相手の子どものことも自分の子どもと同じように大切に考えられる仲間がいると心強いですね。

子どもを上手に叱ってくれた!

「ママ友に我が子を叱られた」というのは、一歩間違えるとトラブルにもなりかねないもの。

しかし、信頼できるママ友が我が子のためを思って叱ってくれることは、ママ自身にとっても子育てを見直すきっかけになるかもしれません。

現在は大学生と高校生になる息子さんを育てるまるぷうさんは、長男が4歳の時、お友達の家に親子で遊びに行った時に、キッチンの扉を勝手に開けてしまった息子さんにママ友が「よその家のキッチンの扉を勝手に開けてはいけないのよ」と注意してくれたそう。

ただ注意するだけでなく、息子さんの気持ちを理解したうえで、「探し物があるときはどこにありますか?」って聞くんだよ。とわかりやすくアドバイス。

息子さんがその通りに質問できると、「上手に聞けるね!さすが◯◯くん!」と褒めてくれたそう。

ママ友いわく、「男の子って現行犯で、しかも、よそのママに注意された方が効果ある」のだとか。

まるぷうさんは、このママ友の愛のある行動がとても嬉しかったそう。よその家の子どもを注意するのはとても勇気がいりますが、信頼関係があり、相手のためを思った行動であればその心は伝わるはずです。

役立つ情報を惜しみなく教えてくれる!

同じコミュニテイに住むママ友からの情報は貴重なもの。「あそこの小児科がよい」「キッズスペースがあるカフェを見つけた」など役立つ情報を交換できると助かりますよね。

子どもができる前は「ママ友はいなくてもいいのでは?」と思っていたという、あん子さんも、今ではママ友からの情報に助けられているといいます。

なかには、「あの児童館は1日に1回必ず玩具を消毒してる」「子連れイベントの限定開催がある」など、口コミでなければ知り得ない情報まで!

それにあん子さんは、ママ友が子どもを色々な場所で遊ばせたり、遊びや食事などを工夫している様子を見て、自身の子育てに対する意識が変わったといいます。

必要な情報を共有でき、お互いに刺激を与え合える。身近にこんなママ友がいることで、子育てもグンと楽しくなりそうです。

いかがでしたか。現在は「ワンオペ育児」も問題になっていますが、信頼できるママ友がいることで、悩みが共有でき、少し気持ちがラクになることもあるでしょう。

同じように子育てを頑張るママどうし、楽しみながら、良い付き合いが続けられるといいですね。