全米オープンテニス、男子シングルス2回戦。リターンを打つラファエル・ナダル(2016年8月31日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2017)は25日、男子シングルスのドローが発表され、世界ランク1位ラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)と同3位ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が準決勝で激突する可能性がある組み合わせになった。

 今年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)とウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)を含め、四大大会(グランドスラム)で通算19回の優勝を誇るフェデラーは、米ニューヨーク(New York)で開催されるメジャー最終戦でナダルと顔を合わせたことは一度もない。

 6月の全仏オープンテニス(French Open 2017)で10度目のタイトルを獲得するなど、グランドスラム優勝回数を15回に伸ばしたナダルは、フェデラー戦での通算戦績を23勝14敗と勝ち越しているものの、今年の全豪オープン決勝を含めて直近の4試合ではフェデラーがすべて勝っている。

 2010年大会と2013年大会に続き、通算3度目の全米制覇を目指すナダルは、初戦の相手がセルビアのドゥサン・ラジョビッチ(Dusan Lajovic)に決まり、順当に行けば3回戦では、これまで計15回対戦して一度も負けたことがないリシャール・ガスケ(Richard Gasquet、フランス)と当たる可能性がある。

 さらに4回戦ではトマス・ベルディハ(Tomas Berdych、チェコ)、準々決勝では第7シードのグリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)が待ち受けているとみられる。

 36歳のフェデラーは、フラッシング・メドウズ(Flushing Meadows)での大会開幕をフランシス・ティアフォー(Frances Tiafoe、米国)との1回戦で迎えることになった。ティアフォーは、前週のウェスタン&サザンオープン(Western and Southern Open 2017)の2回戦でアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)相手に番狂わせを演じている。

 順当に勝ち進めばフェデラーは、4回戦でニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)、準々決勝では第6シードのドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)と対戦する可能性がある。

 大会第2シードのアンディ・マレー(Andy Murray、英国)は、1回戦で米国のテニス・サングレン(Tennys Sandgren)と対戦することが決まり、順当に行けば4回戦で第16シードのリュカ・プイユ(Lucas Pouille、フランス)と当たるとみられる。

 マレーはまた、準々決勝の相手が第8シードのジョーウィルフライ・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga、フランス)になる可能性があり、ツォンガはマリウス・コピル(Marius Copil、ルーマニア)との1回戦で大会の幕を開けることになった。

 残り一つの山では、第4シードのズベレフと第5シードのマリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)が準々決勝で顔を合わせる可能性が出てきた。初戦でダリアン・キング(Darian King、バルバドス)と対戦するズベレフは、3回戦の相手がケビン・アンダーソン(Kevin Anderson、南アフリカ)になる可能性が高い。また、4回戦で第13シードのジャック・ソック(Jack Sock、米国)が待ち受けているとみられる。

 2014年大会王者チリッチは、4回戦で第10シードのジョン・イズナー(John Isner、米国)とぶつかる可能性がある。このほか4回戦では、2009年覇者ファン・マルティン・デルポトロ(Juan Martin Del Potro、アルゼンチン)がティエムを迎え撃ち、ディミトロフが第9シードのダビド・ゴフィン(David Goffin、ベルギー)か、第18シードのガエル・モンフィス(Gael Monfils、フランス)と激突する可能性がある。

 今大会はトップ選手数人がけがで欠場する事態に見舞われており、前回覇者のスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka、スイス)を筆頭に、全米オープンで2度の優勝を誇るノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)、2014年大会ファイナリストの錦織圭(Kei Nishikori)、そしてミロス・ラオニッチ(Milos Raonic、カナダ)ら優勝候補が不在となっている。
【翻訳編集】AFPBB News