松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

カットラインに1打及ばず今季2度目の予選落ち…悪夢のパットを海外メディアも続々速報

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦ノーザン・トラスト(グレンオークスC)第2日は25日(日本時間26日)、初日102位と出遅れた松山英樹(レクサス)が4バーディー、3ボギーで通算3オーバー。71位タイで今季2度目の予選落ちを喫した。特に最終18番で約1メートルの距離を外す痛恨の3パットが響き、カットラインに1打及ばず。PGAツアーは「このミスが松山を予選敗退の危機に陥れる」と公式ツイッターに動画付きで速報した。

 名手・松山がまさか――。そう思いたくなるようなシーンだった。

 最終18番パー4、約1メートルのパーパット。慎重に放った一打はカップに向かい転がったかと思いきや、直前でわずかにスライス。クルッと半周しながらカップに嫌われ、よもやの3パットとなった。

 沈めれば予選突破が見えていたパット。ギャラリーも落胆の声を上げ、結果的にカットラインに1打及ばず、今季2度目の予選落ちという悲劇に見舞われた。

 V本命に推されていた世界ランク2位の、まさかの3パットに海外メディアも驚いた様子だった。

米メディアも驚き「フェデックスポイントの首位は今週、早くも自宅に帰ることになる」

 PGAツアーは、動画付きで「このミスが松山を予選敗退の危機に陥れる」、米専門サイト「ゴルフ.com」は「フェデックスポイントの首位は今週、早くも自宅に帰ることになるだろう」、米衛星放送「ゴルフ・ウィーク」は「ヒデキ・マツヤマは予選落ちするように思える」などとプレー終了直後に公式ツイッターで続々と速報していた。

 同様にファンからも「アウチ」「危機? 荷物をまとめるんだ」「信じられない」といったコメントが寄せられ、驚きをもって受け入れられていた。

 1月に入籍し、7月に第1子が誕生したことを公表してから初めて挑んだ試合。大会前には5種類のパットを試していたことも海外メディアに注目されていたが、予選敗退という厳しい結果に終わってしまった。

 しかし、松山のシーズンはまだ続く。切り替えて、先に進んでいくしかない。