バンド『夕食ホット』でギターを担当する、すだっち(@sudacchi)さんが、2012年に投稿したツイートが、改めて注目されています。

伯父のお通夜に参列するため、喪服で出かけたすだっちさん。コンビニで買い物をし、店員にこうお願いをしました。

「お釣りを5千円札でください」

対応したのは、高校生と思われるアルバイトの店員。店員は、どんな対応をしたのでしょうか。

レジにある5千円札をすべて出し、一番「使用感があるもの」を選んでくれたのです…!

店員の対応に感心したすだっちさんは、その出来事をツイート。読んだ人からは、同じく「感心した」との声が投稿されました。

そこまで気付く若者がいるとは、驚きました。こんなふうに、きちんとしつけを受けた子が増えるといいですね。恥ずかしながら、私ならそこまで機転は利かないだろう。若いのに素晴らしい。

「香典が新札ではいけない」という考えには諸説あり、「あまりにも汚れたお札を渡すのもどうか」という意見もあります。

ただ、すだっちさんが出会った若い店員の対応は、マニュアル通りではなく気持ちのこもったもの。誰にでもできることではありません。

そんな彼ならきっと「使用感はあるものの、汚れすぎていないもの」を選んでくれただろうとも思えます。もしかすると彼にとっては「何気ないこと」だったかもしれません。

ですが彼の素晴らしい対応に、多くの人が心を動かされたことでしょう。

[文・構成/grape編集部]