バルサ監督、137億円で獲得のデンベレに期待 「ゲームに深みを出してくれる選手」

写真拡大

バルベルデ監督が記者会見で語る 違約金は522億円に設定

 バルセロナが、ついにパリ・サンジェルマンへ放出したFWネイマールの後釜を確保した。

 現地時間25日にドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレと5年契約を結ぶことで合意に達したと、クラブ公式サイトで発表。移籍金は1億500万ユーロ(約137億円)、加入後の違約金は4億ユーロ(約522億円)に設定されるという。

 チームを率いるエルネスト・バルベルデ監督は同日にアラベス戦前の記者会見に臨み、そのコメントも公式サイトで報じられている。指揮官はデンベレ獲得について「多くの喜びをもたらしてくれることを期待する」と語り、才能豊かなドリブラーに大きな期待を寄せている。

 デンベレは昨夏にレンヌからドルトムントに加入。1年目から不動のレギュラーとして12得点20アシストを記録した。左利きながらPKなどのセットプレーは右足で蹴るなど、両足を自在に使いこなすテクニシャンで、怖いもの知らずのドリブルで攻撃陣をリードした。

 バルベルデ監督は「デンベレはスピードがあり、技術を持っているゲームに深みを出してくれる選手だ。両サイドでプレーできる」とコメント。ネイマールの抜けたウイングの穴を埋める存在として期待がかかる。20歳の新星は大黒柱のFWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスとともに、「MSNトリオ」に代わる新たな攻撃ユニットを形成することができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images