KリーグオールスターはU-22ベトナム代表に完封負けを喫した。

写真拡大

なす術もなく敗れ去ったKリーグオールスター

 7月下旬、ベトナム-韓国修好25周年記念事業の一環として、Kリーグオールスター対U-22ベトナム代表の一戦がハノイで開催された。韓国側はベトナム市場開拓、ベトナム側は代表チーム強化を主眼としたマッチメークであったが、格上と見られたKリーグオールスターに対しU-22ベトナム代表が勝利。終始主導権を握られての敗戦に、韓国メディアは厳しい批判の声をあげている。(取材・文:宇佐美淳【ベトナム】)

----------

“アジアの虎”こと韓国サッカーのKリーグオールスターが若きベトナム代表になす術もなく敗れ去ったことは、韓国国内でかなりショッキングなニュースとして受け止められたようだ。

 この試合は、ベトナム‐韓国の修好25周年記念事業の一環として、ベトナム市場開拓を目指す韓国側が企画したもので、ベトナムの首都ハノイにて7月末に開催された。一方のベトナムは、“東南アジアの五輪”と呼ばれるSEA Gamesマレーシア2017を間近に控えていることから、U-22代表の戦力強化の場という位置づけで、この試合に臨んだ。

 SEA Gamesは、ベトナムをはじめとした東南アジア各国において、W杯予選や五輪予選よりも重要な大会と言われている。前回大会までは、男子サッカーは23歳以下が対象だったが、今大会から22歳以下が対象。

 この年代のベトナム代表は、国内で絶大な人気を誇る“コン・フオン世代”と“U-20W杯初出場組“の混成チームとあって、国民の間では、悲願のSEA Games初優勝への期待が高まっている。そんな中で行われた国内最後の親善マッチだったため、ミーディン国立競技場には、2万5000人ものファンが詰めかけた。

 U-22ベトナム代表の主軸は、既にA代表にも名を連ねているFWグエン・コン・フオン(元水戸)、MFグエン・トゥアン・アイン(元横浜FC)、MFルオン・スアン・チュオン(江原)、MFグエン・バン・トアン、DFブー・バン・タインなど、名門育成機関ホアン・アイン・ザライ(HAGL)アーセナルJMGアカデミー出身のメンバーだ。(※現在はアーセナルとの提携は終了)

 このうち、Kリーグ移籍2シーズン目のルオン・スアン・チュオンは、所属クラブで出場機会に恵まれていないことから、試合勘不足が懸念されている。

 その他のベトナムのメンバーを見ても、アンダー世代の代表で長い間一緒にプレーしてきた者が多く、またベトナムでは、代表の活動が最優先となるため、合宿期間が十分にとれ、チームとしての完成度はベトナムに分があった。そんなベトナムが、2泊3日の強行日程で、明らかに準備不足のKリーグオールスターの守備陣を混乱に陥れるのは、さほど難しいことではなかった。

「恥さらし」「屈辱的敗戦」。韓国メディアは厳しく批判

 ベトナムは、90分間、終始試合の主導権を握り、70分に途中出場のグエン・バン・トアンがゴール。結果は1-0だったが、大量得点でもおかしくない内容で、“アジアの虎”からの大金星よりも、むしろシュート21本を放って僅か1得点というベトナムの決定力不足を不安視する声が大きかった。

 とはいえ、その前週に行われたAFC U-23選手権2018予選で韓国代表に1-2で負けていたベトナムのグエン・フー・タン監督は、「韓国チームには、いろいろと不利な条件が多かっただろうが、U-22韓国代表と試合したときよりも、格段に良い試合ができ、チームは完成に近づいた。」とご満悦の表情だった。

 一方、元韓国代表や現役韓国代表を多数擁しながら、闘争心のかけらもなく、格下と見られたU-22ベトナム代表に敗れたKリーグオールスターには、韓国メディアから「恥さらし」、「屈辱的敗戦」などと厳しい批判にさらされた。

 肝心の興業の部分でも、もともと自国の代表チーム以外では、ヨーロッパサッカーにしか関心を示さないベトナムのファンにKリーグの実力や素晴らしさを知らしめるという目標は、ついぞ達成できなかった。

 試合後の記者会見で、敗軍の将ファン・ソンフォン監督は、「選手たちは試合でベストを尽くしたが、蒸し暑い気候とピッチ状態の悪さのため、良い結果が出なかった。我々は十分な準備ができなかったし、ベトナムには地の利があった。しかし、いくら勝利が至上命題の試合ではないとはいえ、我々には、もっと入念な準備と戦略が必要だった。ベトナムの選手では、韓国でプレーするルアン・スアン・チュオンが最も印象的だった」と述べた。

 なお、ベトナムサッカー界のご意見番レ・トゥイ・ハイ氏(元ベカメックス・ビンズオン監督)は、「ベトナムが良い試合をしたというのは否定しないが、今回の韓国チームの主な目的は外交。選手らにとっては、練習試合のようなものだったのだろう。怪我を恐れてか、球際もプレッシャーも弱かった。そんな相手なら、ベトナムはもっと得点を奪うべきだった」と語り、これについては、グエン・フー・タン監督も「フレンドリーマッチだったため、この1試合でベトナムが強いか弱いかを評価することはできない」と同調した。

(取材・文:宇佐美淳【ベトナム】)

text by 宇佐美淳