先日、クラブ史上最高額となる移籍金900万ユーロで、ルビン・カザンからハノーファーに加入したFWジョナタスが、木曜日に2020年までの契約にサインした。「移籍がうまくいって嬉しいよ。目標はチームとともに残留を果たすことと、得点で助けることだ」と意気込みをみせた同選手。

ただし日曜日の試合からさっそくオプションとなるかについては、アンドレ・ブライテンライター監督は名言を避けた。「練習では期待しているところをしっかりと見せてくれているが、メンバー入りは確実にしても起用法まではわからないね」もしもジョナタスが先発出場することになれば、おそらくはフェルクルークがベンチにさがることになるだろう。

また前節で出場停止となっていたサリフ・サネの復帰に伴い、センターバックでもヒュブナーが再びバックアップとしてベンチに座ることになると見られているところだ。ブライテンライター監督はサネの復帰に向けて「チームにとって重要な選手だ」と期待感を示した。