虹のコンキスタドールが8月20日、ワンマンライブツアーの最終公演を、東京・渋谷のshibuya DUO MUSIC EXCHANGEで開催した

写真拡大

“毎日が文化祭!”をコンセプトに活動するアイドルグループ・虹のコンキスタドールが8月20日、ワンマンライブツアー「だって一度きりのThisサマーっ!!」の東京公演を、渋谷のshibuya DUO MUSIC EXCHANGEで開催した。

【写真を見る】サプライズ中のサプライズだった昇格発表に、みゆちゃん(片岡未優)ステージで大号泣

この日は台湾、大阪と巡ったツアーファイナル公演。前日の大阪公演では虹コンファミリーの新派生ユニット・虹組の結成が発表されたこともあり、ファンの間ではこの東京公演でも何かのサプライズがあるのではと噂されていた。その期待通り、アンコール前のメンバー勢揃いの中、スクリーンに重大発表の文字が。

1つはこれからの新曲「ふたりのシュプール」が、「冬スポ Winter Sports Festa 2017」のCMソングに決定したという嬉しい報せ。10月上旬から全国でオンエアが始まる。「ふたりのシュプール」は虹コン初の冬のラブソングであると言い、どんな楽曲に仕上がっているのか楽しみなところだ。そしてもう1つが、秋ツアーの決定。10月8日、愛知・名古屋ell.FITS ALL。10月9日、大阪・梅田TRAD。10月21日、東京・渋谷WWW Xの3会場を巡る東名阪ツアーとなる。

2つの重大発表で会場が湧き上がる中、さらにメンバーも知らなかった3つめのサプライズがスクリーンに踊る。今回のツアーに参加してきた2人の予科生、片岡未優と隈本茉莉奈が正式メンバーに昇格し、サジタリアス流星群(虹のコンキスタドール青組)に加わることを発表。突然の報せに片岡は泣き崩れ、隈本も目に涙をあふれさせる。

メンバーと会場からの「おめでとう!」の拍手を受けながら、片岡は「虹コンのメンバーになれてすごく嬉しいです。皆さんに、早く虹コンの人として見てもらえるように…いいアイドルになります!」と誓う。隈本も「前から応援してくれてる人も、今応援してくれる人も、ずっと私のことを気にかけてくださってて…。こうやって、『虹のコンキスタドールの隈本茉莉奈です』って言えるのがすごく嬉しいです。これからも一生懸命頑張るので、応援よろしくお願いします!」と、涙で声を詰まらせながらも満員のファンに感謝の言葉を届けてくれた。

また、青組を代表して清水理子も「1月9日に(今の青組の)4人は昇格させていただいたんですけど、青組は予科生も加わって6人で活動をすることが多くて、これからは『サジタリアス流星群の6人です』と言えるのが本当に嬉しくて…。おめでとう!!」と、最後は感極まりながら声をふり絞っていた。

昇格した片岡は、根本凪、的場華鈴、清水理子と、ベボガ!(虹コン黄組)の鹿目凛、水沢心愛と組む虹組にも選抜されている。虹組は、虹コンファミリーではあるものの、活動は別々に行ってきた虹のコンキスタドールとベボガ!のかけ橋となる派生ユニット。大阪公演では「集え!フロンティアーナ」を披露し、この日の東京公演ではもう1つの新曲「恋のプレリュード」を初披露した。

これを含め本編15曲+アンコール2曲をMCなしの熱いパフォーマンスで駆け抜けたツアーファイナル。虹のコンキスタドール正式メンバーは13名となり、9月5日にはメジャーデビューシングルのリリースも控えている。ワンマンライブを中心に、フェス、対バンイベントなどにも多数出演し、着実に人気を拡大中。秋・冬の活動ではさらなる飛躍を見せてくれることだろう。