残酷な事件に中国人も怒り心頭

写真拡大

 中国の内陸部、安徽省蚌埠(ほうふ)市郊外の農村部で、4歳の女児が工事現場に埋められて死んでいるのが発見され、警察は殺人事件として犯人を追っている。女児は頭蓋骨がつぶされたような状態で見つかっており、工事現場にあるロードローラーに轢かれたあと、何者かが現場に穴を掘って遺体を埋めたとみられている。

 ネット上では、「轢かれてすぐに病院に運んでいれば助かったかもしれない」や「たったの4歳で命を絶たれるとは…。穴を掘って女の子を埋めた犯人は血も涙もない人でなしだ」などと女児を悼むコメントが多数寄せられている。同省の地元夕刊紙「安徽晩報」が報じた。

 事件が起こったのは7月中旬で、女児の父母ら家族は日が暮れても女児が帰ってこないことから自宅の周辺を探したが、見つからなかったことから、中国版ツィッター「微博(ウェイボ)」などのSNSで「4歳の娘が帰ってこない。どなたか、娘を見かけたら知らせてください」などと顔写真をつけて、情報の提供を呼びかけた。

 女児のことを知っている多くの地域住民が捜索に参加したものの、手掛かりが見つからなかったところ、捜索開始2日後、付近住民が疲れて工事現場近くの道端に腰を下ろしたところ、土が柔らかく、ふわふわしていたため、「もしや」と思って、土を掘り返してみたら、大きなコンクリートの塊があり、その下に押し潰されるようにして、埋められていた女児の遺体を発見。すぐに警察に届けたという。

 警察の捜査によると、女児の頭蓋骨やあばら骨などが複雑骨折していたことから、女児は近くの工事現場で、土を平らに均(なら)すロードローラーで引かれたのではないかとみている。だが、遺体の発見現場には大量の血痕のあとがないため、殺された場所は別にあり、そこから発見現場に運ばれたとみられる。

 しかも、犯人は遺体が簡単に見つからないように、女児を穴に投げ込んだ後、コンクリートの塊で穴をふさぐようにして、女児の遺体が簡単に発見されないように、隠ぺい工作を行ったようだ。

 工事現場周辺には「立ち入り禁止」の看板もなく、フェンスなども設置されておらず、女児は遊び場所を求めて、工事現場に入ってしまった、と警察はみている。警察は犯人が工事関係者とみて、捜査を進めているという。

 同紙の書き込み欄には「穴を掘って投げ捨てたうえに、コンクリートの塊を少女の遺体にかぶせ、わざわざ偽装工作を行うなど、本当に憎むべき犯人だ」といったコメントや、「自分の子どもだったらどうするだろうか。すぐに病院に連れていくに違いない。警察は絶対に、このような残忍な犯人を一刻も早く捕まえてもらいたい」などのコメントが投稿されている。