時代と恩讐を超えた歴史的対談が実現(右から徳川氏、小早川氏、大谷氏、石田氏。撮影/塩原洋)

写真拡大

 ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。

 日本列島が猛暑に見舞われた8月某日、本誌は「関ヶ原サミット」を開催すべく、都内某ホテルの一室に戦国武将の子孫たちを招聘した。

 出席メンバーは、東軍の大将・徳川家康の子孫である徳川宗家18代目当主・徳川恒孝氏(77)、東軍に寝返ったとされる“関ヶ原のキーマン”小早川秀秋の子孫・小早川隆治氏(76)、対する西軍を率いた石田三成の子孫・石田秀雄氏(67)と参謀・大谷吉継の子孫・大谷裕通氏(61)の4人だ。

石田:私たちは因縁の仲(笑い)。特に小早川さんとは一度お話ししたいと思っていました。今日それが叶って嬉しいです。

〈関ヶ原の命運を分けたのは、石田三成率いる「西軍」として参加していた小早川秀秋の“寝返り”だと言われている。当初、西軍有利で進んでいた合戦だが、家康に内応していた秀秋が1万5000の兵を率いて大谷吉継の陣を背後から急襲。不意を討たれた吉継軍の全滅で形勢は逆転し、東軍の大勝となった。捕らえられた三成は京の六条河原で斬首され、小早川秀秋の名は“裏切り者”の代名詞となる〉

石田:もちろん、秀秋が東軍についていなければ、関ヶ原の戦いは西軍の勝利だったのではないか、と考えてしまうことはあります。

小早川:はい。そうかもしれません(苦笑)。

石田:でも、私は秀秋に恨みなどありません。秀秋は叔母である豊臣秀吉の正室・高台院(ねね)から家康に味方するよう促されていた。当時18歳だった秀秋の心は東軍と西軍の間で揺れ動いていたと思う。むしろ最後は、東軍としてきちんと戦いきったのだから、敬意さえ抱いています。だから小早川さん、ご安心ください(笑い)。

小早川:私も今日、「秀秋は卑怯な裏切り者ではない」と訴えたかったのです。石田さんの言葉を聞いて安心しました。

大谷:“秀秋が裏切らなかったら”というのは、関ヶ原の合戦を語る上で最も重要な「歴史のif」ですな。その観点でいくと、後からかけつけたうちの先祖の大谷吉継が序盤から参戦していたら東軍は危なかったのでは?

徳川:はっはっは。家康公はそういった「if」がないことを把握しておられたうえで、江戸で手紙を書いていたのでしょうね。

【*家康は関ヶ原の戦いの直前、出陣を急がず江戸城にこもって各方面に手紙を送り、状況の把握や西軍の将に内応を打診した。この“根回し”が合戦の勝敗を決めたと言われている】

 家康公は10代から戦場を駆け回り、豊かな経験があった。対して西軍の若々しい益荒男たちは、家康公にとっては子供か孫くらいの年齢ですから、武将としての格も違ったのかもしれません。大局を見て動いた家康だからこそ、合戦の10日前まで江戸城にこもり、100通を超える手紙を書き続けることができたのでしょう。

石田:戦う気満々のこっち(西軍)は焦ってるわけですよ。「家康はなぜ出陣しないんだ!」と。でも、水面下で動いていたんですね。

徳川:狸親父とよばれるだけのことはあると思いますよ。しかし、なんだか今日は分が悪いところに来ちゃったなァ。恨み言を浴びたりするのかな、と思ってドキドキしています(笑い)。

石田:とんでもない! 私は家康公にはむしろ感謝しなきゃいけないんですよ。合戦後に家康公が石田家で罪を問うたのは三成だけでした。私は三成の息子・重成の子孫。もしあのとき重成まで処分されていたら、今の私は存在しなかった。東軍の将が、家康公ではなく織田信長だったら、一族郎党皆殺しだったでしょうね。

 先ほど申し上げた通り、秀秋に関しても、“裏切り”とは思ってない。我々の世代になるともう、遺恨はないですね。

小早川:すでに小早川秀秋の血筋は完全に断絶しており、現在の小早川家は明治時代に毛利家から分家したもの(*注)だということも遺恨が薄い理由かもしれません。秀秋は戦国時代には馬に乗って駆け回っていたようですが、私は馬ではなく車が好き。大学卒業後はマツダに入り、今ではモータージャーナリストをしております。

【*注/小早川家は戦国時代から毛利家に養子をもらうなど縁が深かった。秀秋が子供をもうけないまま21歳で亡くなって以降、小早川家は断絶していたが、1879年に当時の毛利家当主の三男が小早川姓を名乗って再興された】

大谷:乗り物が好きなお家なんですね。

石田:三成は腹を下しやすかったといわれていますが、私たち一族の男性は、私も父も息子も代々腹が弱い。受験の日とか、いざというときにお腹を壊す。これを「三成腹」と呼んでいます。

大谷:そういえば、先ほどから、石田さんは紅茶の濃さを気にしてますね。これも血筋ですかね(笑い)。

【秀吉が鷹狩り中に喉が渇いたと立ち寄った寺で、小姓の三成は量と温度を変えた三杯の茶を献上した。これをいたく気に入った秀吉が三成を召し抱えた「三献茶」という有名なエピソードがある(諸説あり)】

※週刊ポスト2017年9月1日号