スティーヴン・バノン 前米首席戦略官
「われわれが選挙で勝ち取ったトランプ政権は終わった」
NHK NEWS WEB 8月19日

 トランプ政権の瓦解が止まらない。7月21日、トランプ大統領を記者会見で擁護し続けてきたホワイトハウスのショーン・スパイサー報道官が辞任。7月28日には、共和党主流派のラインス・プリーバス首席補佐官が事実上更迭された。さらに7月31日、わずか10日前に就任したばかりのアンソニー・スカラムッチ広報部長が更迭されている。もうめちゃくちゃだ。

 そして、バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義団体と反対派の衝突事件で全米が揺れていた8月18日、ホワイトハウスはトランプ大統領の側近で“陰の大統領”とも言われたスティーヴン・バノン首席戦略官を解任したことを明らかにした。


“陰の大統領”といわれたバノン氏の解任でホワイトハウスに激震が走った ©AFP=時事

 バノン氏は保守系ニュースサイト「ブライトバート」を率いていたが、2016年8月にトランプ氏の選対本部に入り、トランプ氏に勝利をもたらした。排外主義的なアメリカ第一主義を掲げ、保護主義的な貿易政策や強硬な不法移民対策などを推し進めてきた人物で、白人至上主義、反フェミニズム、反ユダヤ主義などを標榜する「オルタナ右翼(オルト・ライト)」の大物とされていた。

 アメリカのメディアはバノン氏の解任について、さまざまな説を報道している。CNNは、バノン氏が北朝鮮について「軍事的解決などない。忘れてしまえ」と主張したことについて腹を立てたトランプ大統領が更迭を決断したと伝えている。

 ワシントン・ポストは7月末に就任したジョン・ケリー大統領補佐官が派閥争いで混乱するホワイトハウスの立て直しを図り、バノン氏の更迭を決めたと報じた。元海兵隊で無党派のケリー大統領補佐官は、あちこちで暴言を撒き散らしていたスカラムッチ氏も解任している。ケリー氏に近い人物は「彼はホワイトハウスでの混乱をなくすだけでなく、特定のイデオロギーに操られないようにする意向だ」と話していたという(ハフィントンポスト 8月19日)。

 また、ワシントン・ポストはシャーロッツビルでの事件に関連して、白人至上主義者のバノン氏の更迭を求める声がホワイトハウス内で高まっていたとも報じている。まさにバージニア州のマコーリフ知事が語ったとおり、「シャーロッツビルにもバージニア州にも米国内にも、あなたたち(白人至上主義者)の居場所はない」ということだ(CNN 8月14日)。アメリカのメディアはバノン氏の盟友で、同じく「ブライトバート」から政権入りしたセバスチャン・ゴルカ大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)も辞任に追い込まれるのではないかと伝えている(NHK NEWS WEB 8月19日)。

トランプのために、トランプの敵と戦争を始める

 解任されたバノン氏はアメリカの一部メディアの取材に応じて、「われわれが選挙で勝ち取ったトランプ政権は終わった」と述べた上で、今後は共和党主流派などが「大統領を穏健な道に進めさせようとするだろう」と政権の針路が変わる可能性を指摘した(NHK NEWS WEB 8月19日)。

 一方、バノンはこうも語っている。「自分はホワイトハウスを去り、トランプのために、トランプの敵と戦争を始める」(BBC NEWS JAPAN 8月19日)。東洋英和女学院大学大学院客員教授の中岡望氏は、バノンのこの発言について「バノンはホワイトハウスの外からトランプ大統領に圧力をかけると言っている」と解釈している(現代ビジネス 8月21日)。トランプ大統領はさっそく「バノン氏の貢献に感謝したい」とツイッターで謝意を表明した。バノン氏との関係悪化を回避しようとしているようだ(NHK NEWS WEB 8月20日)。オルタナ右翼の力を借りて大統領になったトランプ氏の今後の動向が注目される。


ドナルド・トランプ 米大統領
「政府を閉鎖しなければならなくても、壁を建設する」
ロイター 8月23日

 バノン氏退任後の8月22日、トランプ大統領はメキシコと国境を接するアリゾナ州フェニックスでの支持者集会で演説を行った。大統領就任以来、初めての米西部訪問となる。注目されていたのは、バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者と反対派の衝突事件に対する言葉だ。

 トランプ大統領はフェニックスでの演説で、「双方に非がある」として強い批判を浴びた15日の会見と同様、白人至上主義者団体やKKK(クー・クラックス・クラン)やネオナチに抗議した人たちも暴力的だったと非難し、以前の声明を再度読み上げた。さらに自身への批判を「メディアの責任」と断じ、お決まりのメディア批判を繰り返した。

 フェニックス市のスタントン市長は「(シャーロッツビルの)悲惨な事件から国家が立ち直ろうとしているときに、トランプ氏が集会開催を決定したことに失望した」と声明を発表(産経新聞 8月23日)。また、ワシントン・ポストへの寄稿では「人種間の緊張にガソリンを注いで(あおって)いる」と批判した(日本経済新聞 8月23日)。オルタナ右翼の名付け親、リチャード・スペンサー氏はフェニックスでの演説を受けて、「トランプは決してオルタナ右翼を非難しない」とツイートしている(ニューズウィーク日本版 8月24日)。トランプ氏の支持率は、就任後8カ月で最低の水準まで落ち込んだ。

メキシコ大統領に「私は生きていけない」と弱音

 もう一つ、フェニックスでの演説で注目されたのが、選挙公約に掲げていたメキシコ国境の壁建設についての発言だ。これまで、まったく進展が見られなかったが、議会での予算審議を控え、壁建設の予算確保のためには、米政府機関の一部が財源不足で閉鎖されるリスクもいとわないという考えをぶち上げてみせた。バノン氏の退任を補うようなアメリカ第一主義ぶりだ。

 そもそも、トランプ大統領が掲げていた公約は、国境の壁の建設費用はメキシコ政府が負担するものとしていた。しかし、当然ながらメキシコ側は拒否。すると、トランプ大統領はメキシコのペニャニエト大統領に対してメキシコ側が費用負担を拒否するとメディアに言わないように圧力をかけていたことが判明した(時事ドットコムニュース 8月4日)。公約を何一つ実現できていないトランプ氏にとって、メキシコとの国境に壁を築くのは最後の望みだ。トランプ氏はペニャニエト氏に向かって「私は生きていけない」と弱音を吐いたという(『週刊文春』 8月31日号)。強気なのか、弱気なのか。


ホワイトハウスの執務室で電話をかけるトランプ大統領(左)とバノン首席戦略官(当時・右)©getty


ドナルド・トランプ 米大統領
「われわれは肌の色、小切手に書かれた額、政党によって定義されるわけではない。そろそろわれわれを分断する傷を癒やし、共通の価値観に基づいた新たな結束を目指す時だ」
NHK NEWS WEB 8月24日

 西部ネバダ州で行われた退役軍人の集会で演説を行ったトランプ大統領は、上記のように語り、事態の沈静化を図った。「小切手に書かれた額」というフレーズが非常にトランプ氏らしい。名演説を狙ったつもりだろうが、反響はほとんどなかった。


都民ファーストの会による想定問答集
「党内では明るく活発な議論があります。正しく情報発信するための方法です」
TOKYO MX NEWS 8月24日

 東京都の小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」が、都議選後に初めて議会が開かれた8月8日に、報道機関の取材に対する想定問答集を配布していたことが判明した。

 都民ファーストの会は、毎日新聞が行った安倍政権への評価や憲法改正の賛否について尋ねたアンケートでも、ほとんどの都議が無回答とし、その理由に本部によって示された模範回答をそのまま書き込んでいたことが判明している(毎日新聞 8月6日)。所属議員からも「自由な発言が許されない雰囲気がある」という声が上がっていた。


都庁のイベントでラジオ体操中の小池百合子都知事 ©文藝春秋

 今回、判明した想定問答集では「都民ファーストの会が取材規制をしているとの指摘をどう思うか?」という質問に対して「党内では明るく活発な議論があります。正しく情報発信するための方法です」という模範回答が示されていた。想定問答集はすべての議員が参加する総会で配布され、その場で回収されたという。都民ファーストの会の幹部は取材に対して「メディア対応の仕方は議員の基本。会社でも新入社員を研修するのと同じだ」と答えている。

 政治心理学者の川上和久氏は「場合によっては小池知事をチェックしようという議会の働き、議員の働きを封じるものに通じると思う」と指摘する。そもそも、小池都知事は「二元代表制への懸念を払拭し、知事職に専念する」として都民ファーストの会の代表を辞任した経緯がある。小池都知事が実質トップを務め、都議たちを「新入社員」のように「研修」する組織が、小池都知事のことをチェックできるとはとても思えない。

 小池都知事に関しては、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文を断ったことも判明している。団体側は「震災時に朝鮮人が虐殺された史実の否定にもつながりかねない判断」と抗議する意向だが(東京新聞 8月24日)、小池都知事への批判に対しても、都民ファーストの会の都議たちはやっぱり想定問答集どおりの回答を繰り返すのだろうか。


今井絵理子 自民党・参院議員
「離党でも、除名でも、辞職でも、なんでも山東さんの言うとおりに従います」
デイリー新潮 8月22日

 自民党・神戸市議会議員の橋本健氏と不倫関係にあると報じられた元SPEEDで自民党の今井絵理子議員。「一線は越えていない」という今井議員の釈明も話題になった。

 8月3日、今井氏は自民党の山東昭子参院議員に面会している。山東氏は今井氏を参院議員候補に推した“後見人”だ。山東氏に今井氏は泣きながら「(山東氏の顔に)泥を塗ってしまいました」と詫びたのだという。その後に続いたのが上記の言葉だ。

 山東氏は「まじめに仕事をしてきたのに、辞職してしまったら今まで積み上げてきたものがゼロになっちゃうじゃない」と諭したそうだが、山東氏の言うとおりではなく、今井氏に票を投じた有権者の言うとおりに従ったほうがいいと思う。


一年前、当選確実となり喜ぶ今井絵理子(左)と山東昭子(右)両参院議員の姿も今は昔……。 

(大山 くまお)