スペインでの3シーズン目を迎えた乾。のっけからハイパフォーマンスを連発している。(C)Getty Images

写真拡大

 先週末のリーガ・エスパニョーラ開幕戦(マラガ戦)でハイパフォーマンスを連発し、チームの1-0勝利に貢献した乾貴士。スペイン国内の各メディアは軒並み高評価・高採点で、エイバルの左サイドはもはや日本人アタッカーの独壇場と言っていいだろう。
 
 ワールドカップ・アジア最終予選を戦う日本代表にも順当に選出され、自身のインスタグラムで「ホームでワールドカップを決めて、日本全体で喜べるように全力で頑張ります」と書き綴った。そんな乾が代表合流前に戦うのが、アスレティック・ビルバオとの熱きバスク・ダービーだ。
 
 日曜日に本拠地で行なわれる一大決戦を前に、エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督が記者会見に出席。「一筋縄ではいかない強敵だが、我々には地の利がある。自信を持って堂々と戦う」と意気込んだ。そして乾へのインプレッションについて問われ、以下のように語った。
 
「タカシは技術的にも戦術的にもきわめて有能な選手だ。つねに積極果敢な姿勢を崩さず、信じられないビッグプレーをやってのける。試合の中ではパスミスが目に付くし、そこでの集中力の欠如は明らかな改善点なのだが、フットボールのセンスに疑いの余地はない。私の考えを誰よりも理解し、ピッチで体現してくれていると思う」
 
 全幅の信頼を寄せているのがよく分かる。
 
 注目のバスク・ダービーは日本時間の8月28日月曜日、午前1時15分キックオフだ。