2017年8月23日にマイナーチェンジを受け、内装のデザインや操作性を新たにしたBMW 1シリーズ。同日、BMW 1シリーズのスポーティな印象をさらに強調した限定モデルの「BMW 118i M Sport Edition Shadow」、「BMW 118d M Sport Edition Shadow」が発売されました。

今回の限定車は、新型「BMW 118i M Sport」「BMW 118d M Sport」をベースに、専用アイテムを装備することで、よりスポーティに仕立てられています。

外装には、専用装備となるダーク・カラーLEDヘッドライト、リヤコンビネーションライト、「ハイグロス・ブラック」仕上げのキドニーグリル、「18インチMライト・アロイ・ホイール・ダブルスポークジェット・ブラック719M」が用意されています。

内装は新デザインをベースに、専用色である「ダコタ・レザー・シート」の「コニャック」を採用することで高級感を演出。

装備も充実しています。「パーキング・サポート・パッケージ」や「ストップ&ゴー機能付アクティブ・クルーズ・コントロール」、「コンフォート・パッケージ」、「HiFiサウンドスピーカー・システム」が用意され、操作性や快適性が引き上げられています。

限定台数は100台。価格は直列3気筒ガソリンを積む「BMW 118i M Sport Edition Shadow」が3,980,000円、2.0L直列4気筒ディーゼルを積む「BMW 118d M Sport Edition Shadow」が4,200,000円と、限定車らしく価格面にも配慮されていています。

(塚田勝弘)

内装を新たにしたBMW 1シリーズにスポーティ&充実装備の限定車2台を設定(http://clicccar.com/2017/08/26/503658/)