加藤未唯は予選決勝でピーターソンにフルセットで敗退 [全米オープン]

写真拡大

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/予選8月22日〜、本戦8月28日〜9月10日/ハードコート)の予選は最終日を迎え、男女の予選決勝が行われた。

 5人が出場した女子の日本勢で唯一勝ち残った加藤未唯(佐川印刷)は、レベッカ・ピーターソン(スウェーデン)に7-6(4) 3-6 4-6で敗れた。試合時間は2時間23分。

 両者は昨年9月に東京(WTAインターナショナル/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、ピーターソンが6-3 7-6(9)で勝っていた。

 全米オープンの予選に3年連続出場となった加藤は、シングルスで初の本戦入りはならなかった。昨年は予選2回戦で、ドゥアン・インイン(中国)に5-7 4-6で敗れていた。

 全米オープン予選は男女とも128ドローで、3回勝ち上がった各16名が本戦への出場権を手にする。

◇   ◇   ◇

【女子シングルス予選決勝の試合結果(日本人選手)】

○38加藤未唯(佐川印刷)7-6(4) 3-6 4-6 ●34レベッカ・ピーターソン(スウェーデン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号

テニスマガジン/Tennis Magazine