いしば・しげる/1957年生まれ。鳥取県出身。79年、慶應義塾大学卒業後、三井銀行入行。86年、衆議院議員。小泉内閣で防衛庁長官、福田内閣で防衛相を務める。地方創生担当相、自民党幹事長なども歴任。

写真拡大

2002年に防衛庁長官、07年に防衛相を歴任し、防衛政策通でも知られる石破茂議員に、北朝鮮や中国の挑発行動への対応、PKO日報問題に端を発した防衛省スキャンダルの真相、防衛相の資質など、日本の防衛の問題点について余すことなく語ってもらった。(聞き手/『週刊ダイヤモンド』編集部 千本木啓文)

――稲田朋美前防衛相は、部下から信頼されていないように見えました。防衛相に必要な資質とは何でしょうか。

 まず、防衛関連の法律と日米安全保障条約の基本が頭に入っていることです。法律を知らないと船も戦車も飛行機も使いようがない。使用説明書を知らないでどうやって使うのということです。

 もう一つは、自衛隊に限りない愛情を持っていることですよ。自営隊が好きだというのと戦争が好きだっていうのは違う。

 私が防衛庁長官(現防衛相)のときにイラクに自衛隊を派遣しました。もちろん戦争は終わっている、人道復興支援にいく、国連からの要請に基づく派遣である、法律も作ってある――何の庇護もないのだけど、危険な外国に初めて出すことは間違いないわけです。

 最初の派遣ということで、小泉純一郎総理大臣(当時)が部隊編成完結式に来た。そのとき福田康夫官房長官(当時)から、小泉さんの訓示はこれでいいかと文章の確認を促された。立派な訓示だったけど一カ所だけ直してくださいと言った。それは、「諸君は自ら望んでイラクに赴く」という箇所だった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)